タイ全国内線の機内持ち込み規制強化 | 液体関係の容器はすべて要注意!

タイの発着する国営民間航空局は2019年6月23日より、国内線が就航する
全国28カ所の空港で飛行機内の持ち込み制限を導入すると発表しています

機内持ち込みの荷物チェックがあります

国内線の機内へ持ち込む液体に関して制限が強化

特に、今回の措置は液体物の持ち込みの規制を強化しテロ等を未然に防ぐ狙いがあるという

※タイ発の国際線にも同じ規制がございますのでご注意ください

機内へ液体を持ち込む場合下記の準備が必要です

↓以前より、定められた基準

100ml以下の個々の容器
※100mlの容量は、かなり限られた量となります

このスブレー缶でも60g

1リットル以下のジッパー付き無色透明プラスチック袋に入れる

1人1袋まで持ち込み可能
※歯磨き粉・マスカラ・グロス・ハンドクリーム・ジェル等も対象となります

手荷物検査で全ての荷物のチェックをします
  1. 液体関係の容量規制は、機内荷物ではなく、チェックイン時のスーツケースに入れるよう詳細が定められました
  2. 機内荷物で、以下の反する場合は、その場で没収となります。

入りきらない液体物関係はスーツケースに入れ、チェックインの際に預けたほうが無難です
特別扱い品として機内で必要な医薬品・ベビーミルク等は申告の上、別途持込が可能となります

また手荷物のコート・ジャケットなどの衣類やパソコン・大型家電類については、別々に検査トレーで検査します

今回の規制強化により、飲料水、スープ、ジャム、ソース類を含む食料品の他、マスカラやリップスティックやスプレーといった化粧品類についても1個当たりの最大量を100ミリリットル以内に制限

【要注意】機内に持ち込む際に”容量”確認をした方が良い

また、パッケージに内容量が記載されていない液体物は、持ち込みが禁止となりますのでその点も旅行の準備の際に気つけましょう

今回の措置は、国内線の規制強化となりますので、プーケットやチェンラマイなど、いままで通り気軽に考えてた検査ゲートが通過できなくなります

【制限内容】

ジェル、エアゾールを含む、全ての液体物は、100ml以下の容器に入れる。
 100mlを超える容器に100ml以下の液体物が入っている場合も機内持込は不可

容器は全て、容量が1リットル以下のジッパーのついた透明なプラスティック製袋の中に入れ
   袋の口を閉める

一人あたり1袋のみ持込可

医薬品、ベビーミルク、ベビーフードについては適量を例外とする
 但し、持込可否については手荷物検査場にて検査の上決定する

免税品については、空港内免税店や機内で購入した液体等については機内持込可
   但し、透明プラスティック製袋に厳封し、購入日と出発日が同一であることが証明できること

これからは通常の国内線の場合は短期間旅行のため、機内荷物だけで済ませていましたが
機内への持ち込みが制限されることによりLCCの預かり荷物料金分が余計に架かりそうです

タイの気候を知って楽しもう

タイ観光ベストシーズン到来。11月から一番快適【気候と観光各地の季節と天気】

 

Clip管理人編集まとめ役

投稿者プロフィール

日本人が見たい知りたいこと、アジアの人達たちの習慣、風習など知ってもらうため色々な角度からリアルタイムの情報をこの“Cl i p”で公開していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ランキング

ページ上部へ戻る