ミヤンマーガゾリン代が沸騰!!高くなっても日本の半分の価格

ガゾリン代は日本の半分の価格

USドルの為替レートが、この半年で1,340チャット前後から一機に1,546ぐらいまで値上がり、それに伴い燃費費(ガゾリン等)も高騰。
最近は、その影響で物価も高くなり続けています。
決してミャンマーで、すべての物価レートが低く、住み易い国というようではないようです。

↓上記の表を日本語表記

2018年9月14日の価格

オクタンはガソリンの種類です。日本でいう一般のレギュラーカゾリンです。
その中でも92と95という番号の2種類を分けられています。ミャンマーでは一般的には92をよく使います。
乗用車(高級車)は95を使うでのすが、ミャンマー人は、値段の高さからは使わないです。ガソリン用の車はオクタンを使います。
日本同様に、ディーゼル車の割合はガソリン車より少く。
またタクシーなどには天然ガス(CNG)というものを使います。
天然ガスの方がかなり費用が安いですが、天然ガススタンドはヤンゴンにしかないので、都市部のタクシーのみに限定されています。
その点も日本と似ているようです。

気になるガソリン代ですが、オクタン92の985MMKの場合、 1リットルの単価は、71.01(JPY)という事になりますので、日本の約半分の価格帯です。

Clip管理人

Clip管理人編集まとめ役

投稿者プロフィール

日本人が見たい知りたいこと、アジアの人達たちの習慣、風習など知ってもらうため色々な角度からリアルタイムの情報をこの“Cl i p”で公開していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 2020-1-2

    バンコクの最大パワースポットのエーラーワンの祠でご利益【お参りの仕方】

    人気のパワースポット観光と言えばエーラーワンの祠は必須 エーラーワンの祠(ほこら)…
  2. 2019-12-21

    【最新】バンコクの夜遊び観光!人気のナイト マーケット 5選

    一度は行ってみたい夜の観光 ! 屋台の夕食・お土産ショッピングのスポット バンコク…
ページ上部へ戻る