バガン観光おすすめスポット ウパリティン寺院 Upali Thein

ウパリティン寺院 Upali Thein

バガンで珍しいほど彩色豊かな壁画。

ウパリティン自体は、小さな遺跡ですが、他の仏塔、建物とは異なります。
なぜなら、ここは戒壇という戒を授ける場所であり、いわゆる戒壇とは、僧侶の出家式や懺悔を行なう建築物を指す仏塔なのです。出家して正式に僧侶となる儀礼が行われる場所。
戒壇があるということは、バガン朝の時代に大乗仏教に変わり、上座部仏教が本格的に導入されたことの証なのです。
ウパリティンは、第8代ナダウンミャー王(1211~1234年)から第10代チャズワー王(在位 西暦1234~50年)の時代に生きた著名な高僧の名である。1230~40年頃に建立とみられています。
当時、ミャンマーでは数多くの戒壇が造られましたが、現在、残された「戒壇」は僅かです。
ウパリティンに着き、建物内を見たいときは、錠の持ち主が探して訪ねてみてください
錠を持った留守の番人がいるはずです。

塔内の壁画は、バガン朝の時代ものでなく、コンバウン朝のボードーパヤー王(1781~1819年)治世に描かれたものです。
壁画が鮮明に残っているが、かなり鮮明なので、修復した可能性もあります。
この寺院は、四方に表情の違う仏様があります。

小さな遺跡ですが、バガン随一と言っていいほど、綺麗なフレスコ画が残っていますので、ぜひ一度は訪れてみてはいかがですか。
建物の四方に窓があり、内部は明るいので自然光ではっきり鑑賞することができます。
残念ながら絵の保存のため写真撮影はできません。
また、近くにティーローミンロー寺院がありますので、ご一緒にどうぞ! 時間があれば、行くことをおすすめします。

【基本情報】
コメント
:小さな遺跡ですが、鮮明でカラフルな壁画がご覧にいただけます。
名称:ウパリティン寺院
住所: Nyaung-U, Bagan, Myanmar
アクセス:ティーローミンロー寺院の近くにあります
営業時間:閉場の時は、周囲の人にお尋ねください。

↓バガンを詳しく知りたい方へ
今年こそはミャンマーへ行こう!バガン遺跡観光おすすめ25選

バガン遺跡の見逃せない多数の観光名所が満載!!

Clip管理人

Clip管理人編集まとめ役

投稿者プロフィール

日本人が見たい知りたいこと、アジアの人達たちの習慣、風習など知ってもらうため色々な角度からリアルタイムの情報をこの“Cl i p”で公開していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 2020-1-2

    バンコクの最大パワースポットのエーラーワンの祠でご利益【お参りの仕方】

    人気のパワースポット観光と言えばエーラーワンの祠は必須 エーラーワンの祠(ほこら)…
  2. 2019-12-21

    【最新】バンコクの夜遊び観光!人気のナイト マーケット 5選

    一度は行ってみたい夜の観光 ! 屋台の夕食・お土産ショッピングのスポット バンコク…
ページ上部へ戻る