【最新】タイ旅行の費用をわかり易く教えます【渡航費~滞在中の予算相場】

”最新”タイ旅行の費用をわかり易く教えます【渡航費~滞在中の予算相場】


異国情緒を豊かな国。一年中いつ行っても楽しめるのがタイの特徴。


バンコクの街中、至るどころに世界各国から観光スポットを楽しみに来ています。
神秘的な寺院の数々、そして日本人に好みの美味しい料理。
治安も比較的よく親日国で気軽に楽しめます。
直行便の本数も多く週末の短期間で行ける観光地としても人気を集めている国の一つです。
今回は、初めてタイへ行きたいという方に旅行費用の相場をお伝えしたいと思います。

実際に一体どのくらいの予算が必要なのか。
渡航費のツアー費用や航空券代、滞在費用の目安としてご紹介します。

[ 目 次 ]

  1. タイ・バンコクへ行く渡航費用
  2. 航空券チケットについて
  3. 宿泊・ホテル
  4. 宿泊・ホテルの場所の候補の目安
  5. バッケージツアーの相場
  6. タイの具体的な物価
  7. 食費の相場は様々です。
  8. 現地での観光1日プラン一例の費用
  9. タイのお土産は何がいいの?その予算は!
  10. タイ旅行で節約して「楽しく」遊ぶために。

1.  タイ・バンコクへ行く渡航費

先ずは旅行費用の中で一番、気になる点だと思います。
この渡航費次第で旅行のおおまか予算も決まります。

特に、パッケージツアーで行くか。航空券チケットを取って行くかにより、旅行そのものが変わってきます。

タイ旅行の予算を把握するために、まずはこの2つの目安となる金額をお伝えします。


↑スワナプーン空港のイミグレーション

2. 航空券チケットについて

航空チケットのみを往復で取得される場合、行かれる時期や曜日で3~4万円ぐらい違います。
例えば「直行便」で限定した場合。シーズンオフと言われる6月から9月までなら、4万円前後の航空券の全日空や日本航空の便で行けます。
ですが11月から2月ぐらいトップシーズンになると最低でも7万円前後からになります。

首都バンコクへの直行便は東京羽田・成田国際空港、関西空港の他、各地の空港から就航してます。

フライト時間は、東京から約6時間半、帰りは約7時間強。

【直行便の相場】燃油サーチャージ込み
下記の料金も出発便の時刻で5,000円前後も変わります。

全日空・日本航空会社:60,000~80,000円
※日本航空は、機体が新しく座席の足元が広く快適
※エアトリで上記2社の予約すると、座席指定ができる利点もあります。
通路側はトイレを自由に使えますし、窓側なら景観を楽しみたい方にはおすすめです。



タイ航空:60,000~75,000
※日本人乗客が常に2割程度利用、日本人アテンドが一名。料理は比較的美味しい。

LCC(格安航空会社) :30,000円~35,000円
LCCは、ノックスクート、タイ ライオンエアー、スクートなどが一般的
キャンペーンを利用すれば時期により往復2万円前後のチケットがあります。
※但し、東京からだと成田発のドンムアン空港着が大半となります。
格安チケットのエージェントは、エアトリ又はエクスペディアが解り易いでしょう。

タイへの航空便の特長として、フライトは6時間程度の短時間ですので、多少の機内サービスの良し悪しは考慮しなくてすみます。
季節や出発便の日時により節約できる利点はあります。
タイのバンコクはスワナプーンやドンムアン空港へ行く便が、かなり多いため常に比較的安い費用で行けます。


↑タイ航空の機内

経由、乗り換え便を利用したことがありますが、経由便の航空会社の信頼性がなく、一般的には避けた方が良いと思います。
航空券が1万円代の時のチケットもありますが、出発の時間が遅れたり、経由先で時間が不明や見通しがつかないなど多く見受けます。
調べたところ常にそのような事があるようです。
20時間近くかけても良いバックパーカーなら問題ありませんが、きっと後悔するかも知れません。
私も一度経験し経由先の香港で5時間待たされ、その空港内でのレストラン利用券をもらいました。笑
格下の航空会社として、その経由地で認知されていないため、優先順位を後回しにされたり不確定要素が多いようです。
ですので必ず着けば良い人向けとなります。
それ以来、バンコクへは経由で利用してません。

3. 宿泊・ホテル

市内の場所で選ぶか? グレードや施設の雰囲気で選ぶか!

言えることは、日本より数段、素晴らしいホテルに泊まれるという事
その理由として、バンコク市内はホテル件数が日本より数十倍もあるということです。
街中を歩いていても”ホテル”だらけです。
観光大国のタイのホテルはインフラも整い、最近でも新しいホテルが建てられています。価格競争も激しいと思われます。
先日も日航ホテルバンコクが、BTSのトンローの駅前にオープンしたばかりです。

◎ スタンダードクラス:5,000から8,000円
◎ 3~4つ星:10,000円前後
◎ 5つ星:20,000円~30,000円
それ以外に、超高級ホテルは、30,000以上~あります。

ホテル予約サイトから「星」とは関係なくグレードの高い人気ホテルに泊まれます。


↑日頃の実際の相場として10,000前後で素晴らしいホテルがあります。

コンパス・スカイビューホテル <5つ星>1泊 約12,000円
BTSのプロムポン駅より徒歩3分程度の利便性の高いホテルです。
※日本でしたらこの金額ではビジネスホテルしか泊まれません。


5,000~10,000円程度で”ロケーションや設備”が整ったゴージャスなホテルに宿泊できます。

この点もバンコク旅行の魅力の一つです。
ちなみに日航ホテル バンコクは駅近で14,000円程度です。



オープンしたばかりで綺麗です。


↓人気のスポットの場所”サイアム”駅とその周辺は、買い物に便利。

4. 宿泊・ホテルの場所の候補の目安

バンコク中心部の拠点は、大きく分けて二か所。
シーロム駅又はアソーク駅を中心のどちらの場所が良いか。
好みにもよります

バンコク市内の観光目的により多少の違いがありますが、景観で言うなら、シーロム周辺は、オフィス街です。アソーク駅とその周辺は、青山・渋谷といった感じです。

タイの移動で安くすませるためには、BTS(スカイトレイン)駅又はMRT(地下鉄)の最寄駅に近い方がなにかと便利です。
どちらかと言うとBTS(スカイトレイン)駅が利便性がよいと思います。

ホテルのグレードは、ホテル予約サイトで見れば、料金と併せて部屋のタイプも沢山ありますので日本からの事前の予約で取れます。
キャンベーンなどで5つ星でも低価格で事前予約で安く泊まれます。また当日なら普段の宿泊が30,000円以上の部屋が、10,000円前後とディスカウントであります。
当日に泊れないということはバンコクでは一切ないと思います。

5. パッケージツアーの相場

プライベートでは現地での移動に自信が無い方。
航空機代とホテルが一緒でホテルまで案内してもらえるタイ旅行パッケージフリープラン
タイでも安心で面倒もなく比較的安い一般料金で利用できます。

ツアー会社により時期やプラン内容により違いますので、観光日数を決めて、出発日により料金が決まります。おおよその2泊3日、3泊4日のツアーの現地フリープランの目安となります。

    ◎ 2泊3日:最低は50,000~60,000円 
    平均的なツアー旅費は10万円前後 

    ◎ 3泊4日:最低は65,000~70,000円 
    平均的なツアー旅費は12万円前後

ポイントとして、宿泊場所が旅行の良し悪しを決める中。立地やグレード感を上げると値段的には割高となります。
また、LCC利用以外の指定で全日空や日本航空を利用の場合も割高になります。

パッケージツアーで一番気になる点は、宿泊先が「●●ホテルのクラス」ということで事前に場所を決められないこと。
事前に具体的な計画が立てられないことが厄介です。
また、現地のホテルが不便で交通費も嵩むなど、その点を考慮しながら決定することをおすすめします。
パッケージツアーでも事前に宿泊場所を決めることで現地の予定が組み易くなります。

単独の移動で心配がある方や効率よく観光したいと言う方は、別途のオプショナルツアーを申し込んで予算と併せた計画を練ってみてください。

また単独でタクシー利用で観光を依頼する際、ツアーデスクやホテル窓口で「観光の相場」を調べて、その上でタクシーのチャーターをご利用ください。
注意事として、一般のタクシーは、観光チャーターの値段をかなり高い金額を言ってきます。ですので交渉する必要があります。
慣れない方は、ホテルに依頼すると良いでしょう。

↑市内のホテル前に留まって”客待ち”しています。
↓ 相場をしらないと思い高い料金を言ってきます。
必ず「乗車」する前に交渉すること。

旅の楽しみは、計画から始まります・・・・・
色々とご検討ください。

バンコク市内の楽しみ方を例にして滞在中の費用をお伝えします。

6. タイの具体的な物価

物価は日本よりも安いことは確かですが、観光地化により旅行者にとって結構、高いものがあります。物によってはかなり割高です。
現地レートは、100バーツ約350円が目安。

先ずはスワナプーン空港~ホテルまでのタクシー料金。
タクシー市内の中心のホテルまでで300バーツ : 960円程度ぐらいです。※割高でも450バーツ
距離にして新宿から羽田空港以上の距離がありますから、タクシーは安いと思ってください。

空港の一階に専用乗り場があり行き先を告げれば、目的地まで行けます。
空港内での乗車拒否は一切ありません。


↓ここがタクシー乗り場の入口。
チケットを発券して、その番号の「車両」に行き、目的場所を伝えます。

※空港内のタクシーは、構内権利により指定したタクシーのみですので安全です。

・タクシー初乗り(1kmまで)
 運賃は35バーツ日本円で約122.5円。

街の流しのタクシーの場合、メーターを上げないで乗る場合もありその時は多少高くなります。ハイウェイ代は別途70バーツ。料金所で現金を別途渡します。
行先を伝えてOKなら乗務する形態であり「乗車拒否」は日常茶飯事のことです。
バンコク市内は渋滞は当たり前ということも理解しておいてください。
その場合でもメーターは料金はアップしますが、それでも日本よりかなり安い乗り物です。

↓市内でGrabタクシーが便利です。

Grab登録には”女性のドライバー”が大勢います。利用すると2回に一回は女性が来ます。
↓あわせて読みたい。

グラブ Grab Taxi アプリがタイでも一番便利で重宝! 2020年には公式認可。


それ以外の市内移動は、BTS又はMRTの電車バストゥクトゥクとなります。
観光の移動費は、大よそ日本の5分の1程度とかなり安いでしょう。

MRT(地下鉄) 15バーツ(52円)
BTS(スカイトレイン)15バーツ(52円)
バス(エアコンなし)7バーツ(24.5円) 
バス(エアコンあり)12バーツ(42円)
トゥクトゥク(三輪自動車)
 交渉制 20バーツ(70円) 1キロぐらいが目安
注:二人乗りのバイクは、基本的に外国人の利用はしません。国内の地元専用と言われています。



私が食事のご案内をします。

7. 食費の相場も様々です。

バンコク市内の至る所、全てが観光地です。
地元のタイ人が食べるような路面店の食事は安いですが、最近の出店のファーストフードや外資系レストランなどは料金もピンからキリまで様々です。
例えば、長崎ちゃんぽんの”リンガーハット”がありますが、日本より1~2割程度高めです。
同じようなラーメンを地元経営の「一番」いう店で食べたら400円程度です。
タイ人が利用される店は安いと思って良いでしょう。
タイ料理のレストランでも地元の人しか利用しない店は安く食べられます。


↑ジャパニーズレストランと掲げてますが経営は中国系です

“タイ料理”も美味しい店が数えきれないほどあります。

相場として二人で5~6品食べてビール1本飲んで3,500円前後。約1,000バーツ。

そのようなお店なら街中に沢山あり相場という感じです。
是非、行きたいレストランをネットで探してみてください。
バンコク市内の高級レストランでのディナーでもそのぐらいの料金で食べられます。
ホテルのレストランは、すべて割高です。日本と変りません。
また、日本食や日本居酒屋は、日本と同様の価格帯です。
一人2,500~3,000円ぐらいの予算となるでしょう。

↓今、タイで人気の食べ放題の”ムーガタ”というバーベキュー

↓あわせて読みたい

バンコク女性おすすめシーフード 24選 ”人気店から屋台b級グルメ”

《飲食の相場》
・コカコーラ1本
:15バーツ(約52円)コンビニ
・スタバ/ラテ(トールサイズ)110バーツ(385円)
・マックのビックマック 99バーツ(346.5円)
※スタバやマックが安く食べられると期待しましたが、やや日本より高め。
・タバコ マルボロ 145バーツ(507円)日本と同様
※タバコは、セブンイレブンで購入できます。


↑セブン価格ですのでスーパーはやや安い

・タイビール350ml 
(シンハー)40バーツ(140円)
(タイガー)40バーツ(140円) 
(チャーン)38バーツ(133円) 
(ハイネケン) 45バーツ(144円)
(アサヒスーパードライ) 44バーツ(154円)

・ペットボトル水500ml(ローカルメーカー)
 6バーツ(21円)
エビアン以外のミネラルウォーターは安く飲めます。
・ペットボトルのエビアン500ml 37バーツ(129.5円)

地元の一般の路面店や屋台の麺やご飯類の1品、約35バーツ(122円)ぐらいで食べれます。
屋台で購入してホテルで食べることもできます。
タイでは夕食など食べきれない食事はテイクアウトできます。
持ち帰り深夜にお腹がすいたら食べるとよいでしょう。
タイ人は、日頃からテイクアウトが習慣です。家ではあまり料理をしません。

独身の男女は、出来あいの料理を買って家で食べることが多い。

・ガイヤーン(焼鳥)10バーツ(35円)  
・カオニアオ(もち米) 5バーツ(17.5円)  
・ソムタム(パパイヤサラダ)24バーツ(84円)  
・屋台の果物 10バーツ(35円)

タイで有名なポピュラーなMKレストランで食事 
一人300バーツぐらい1,050円 ※昼食や夕食でも利用しています。
1皿が50バーツ程度で安く、色々なメニューが豊富

気軽に利用できるファミリーレストラン。
ホットポットと言われる鍋料理形式です。


物価は日本よりも安く感じますが、せっかくの海外旅行ですから、タイの美味しい料理をご賞味ください。

↓あわせて読みたい

バンコク女性おすすめ ”タイ料理38店”エリア別と価格

↓ワット・プラケオ 玉佛寺に近い”カオサン通り”

8. 1日観光プランの費用例

「三大寺院巡りとナイト・マーケット」観光

  • 朝 食 ホテルバイキング
  • 暁の寺(ワット・アルン
  • 昼 食 チャオプラヤー川岸のレストラン
  • 王宮・エメラルド寺院(ワットプラケオ
  • 涅槃仏寺院(ワットポー)見学の後、ワット・ポーで「タイ古式マッサージ」
  • 夜のナイトマーケットで買い物と夕食。


↓あわせて読みたい

【最新】バンコクの夜遊び観光!人気の”ナイト マーケット” 5選


【食事代】

朝 食:ホテルの朝食バイキング500バーツ(1750円)
昼 食:700バーツ(2,450円) チャオプラヤー川の川岸のレストランで、アジアン料理とワイン
夕 食:500バーツ(1750円) ナイト・マーケットの屋台でシーフード3品


↓あわせて読みたい

ワット・アルン”行き方~寺院内解説と対岸眺望レストランスポット”

【拝観料】
暁の寺(ワット・アルン)50バーツ(175円)
王宮・エメラルド寺院(ワットプラケオ)500バーツ(1,750円)
涅槃仏寺院(ワットポー)100バーツ(350円)

【娯楽/オプション】
ワットポー内の本場のタイ古式マッサージ
1時間:570バーツ(1,995円)

【交通費】※アソーク宿泊からの交通費
BTSの1日乗車券:140バーツ(490円)
サトーン船着場から寺院までの往復料金:34バーツ(119円)

この1日観光プランの費用
合計3,094バーツ(10,829円)

予算として1日の観光・滞在費1万円 
市内観光なら大よそはこの費用が基本です。


↓あわせて読みたい

最新!バンコクおすすめマッサージ・スパ徹底ガイド34店

◎バンコク周辺の観光にアユタヤ、パタヤに行かれる場合は、これに移動費がプラスかかります。
オプション費用も計画に入れてお楽しみください。


↑タイ独自のエキゾッチク柄のポーチ

9.タイのお土産は、なにがいいの!その予算はどのくらい。

旅行のお土産は購入は、楽しみでもありお悩みの一つです。タイで人気の喜ばれるお土産品をご紹介します。

↓あわせて読みたい

タイ女性のおすすめお土産人気ベスト46アイテムご紹介!

お土産となる品々の目安と予算と買える場所をご案内しています。
バンコク市内でお土産を買うなら”ナイト・マーケット”と”ショピンクセンター”の2か所で大半のものが購入できます。

お土産の予算はそれぞれですが、安い買い物なら”ナイト・マーケット”が一番。

10. 出来るだけ節約して楽しく遊ぶために

現地で遊ぶには両替が必要です。当然、着いた空港で両替をしますが、最小額の両替にしてください。
空港内の税関を通る前や出た後にも銀行の両替所がありますが、比較的レートが高くつきます。


↑空港内の両替所

市内の駅やその周辺の至る所に、一般の両替所がありますが、「銀行」の看板を掲げている両替所は高い認識でいてください。
レートが良く手数料の安いのは「街の民間両替所」を利用するのがおすすめです。

↓あわせて読みたい

【2019年最新】タイ・バンコクの両替えレートが高い。おすすめ3か所の両替屋

全てを調べてみましたが、銀行系はすべて割高。民間の両替所の中では差はありません。安心して利用もできます。

また、交通手段の一つとして、トゥクトゥク(三輪自動車)を上手く利用すれば時間と費用の節約もできます。

↓あわせて読みたい

バンコク市内の近い距離の観光ならトゥクトゥクが便利【乗り方・利用料】

一度は、挑戦すると楽しいです。短距離は早くて便利。
また、バスも安く利用できます。
時間の余裕を持ってのれば楽しい乗り物です。地元タイ人との肌の触れ合いも楽しめると思います。
但し、貴重品には充分、気を付けて肌身離さず、デイバックはあくまでも前にして持つようにすること。
日本の感覚で旅行すると必ずスリにあいます。

「節約」とは違いますが、ローカル又は比較的安いホテルに宿泊の場合は、セーフティボックスに封印テープを日本から持参して貼ることをおすすめします。
最近、セーフティボックス内の紙幣が一部、盗難になることが多く、泣き寝入りのケースを耳にします。

↑抑止や防犯として有効


↑ラーマ9世公園 King Rama IX Park

とにかく安くタイ旅行が楽しみたい。
旅行費用を抑えたい思う方は、雨季のシースンに行かれるのが断然安い時期になります。
往復の航空運賃が安く、そしてなによりホテル代が安い。
快適な5つ星ホテルにもタイミングがあえばリーズナブルにも泊れます。
また、事前の予約では安く泊まれないと悩まれる方には、日本でいる時にネットでデポジットの安いホテルを予約
そして現地に着いて泊りたいホテルを当日又は翌日のホテルを予約変更すれば、快適なホテルに泊まれます。
旅慣れてきましたら是非お試しください。

↓あわせて読みたい

タイ観光ベストシーズン到来。11月から一番快適【気候と観光各地の季節と天気】

タイ旅行の時期のベストシーズンは、やはり乾季の11月から2月。

タイの雨季のシーズンは、一日の内で一時だけスコールが降る程度。
一日中雨が降り続けることはありません。
平均気温も27度ぐらいあり常に暑い国で楽しめます。暑季にくらべたら暑さなく比較的過ごしやすい時期です。
是非、その時期もお楽しみください。

タイの楽しみ方として、国内線の航空運賃が安く、びっくりするぐらいです
バンコクから1時間程度でどこへでも行け往復5,000円前後の航空運賃費用です。
寺院周りならチェラマイ、海リゾートならリペ島やプーケットなどタイには素晴らしい観光スポットが数えきれないほどあります。

いかがでしたでしょうか。

タイの旅行費用は滞在日数や楽しみ方により異なりますが、目安として楽しいプランにお役立ていただければと思います。

↓あわせて読みたい

タイ最南端のアイランド!リペ島で優雅に過ごす”最新の行き方~島内紹介”



タイには数多くのアイランド・リゾートがあります。
国内の移動費が安いメリットを活かしてお楽しみください。


 

Clip管理人

Clip管理人編集まとめ役

投稿者プロフィール

日本人が見たい知りたいこと、アジアの人達たちの習慣、風習など知ってもらうため色々な角度からリアルタイムの情報をこの“Cl i p”で公開していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 2020-1-2

    バンコクの最大パワースポットのエーラーワンの祠でご利益【お参りの仕方】

    人気のパワースポット観光と言えばエーラーワンの祠は必須 エーラーワンの祠(ほこら)…
  2. 2019-12-21

    【最新】バンコクの夜遊び観光!人気のナイト マーケット 5選

    一度は行ってみたい夜の観光 ! 屋台の夕食・お土産ショッピングのスポット バンコク…
ページ上部へ戻る