ミャンマーで合法ギャンブルのカジノが解禁!【2024年続報】

新ギャンブル法により外国人観光客だけが利用できる施設が許可


ミャンマータイムズによると、制定されたギャンブルに関する法律に従ってミャンマーでカジノが合法的に運営が許可されている

東南アジア諸国で、唯一ミャンマーとタイの二か国がカジノを運営していない

既存からあるギャンブル法の制定は1986年に定められていたが、2017年、ホテル観光省から外国人観光客を対象にカジノの運営を許可するようリクエストがあった
外国人観光客は、カジノがないことで他国への観光流出がある報告された
これを受け止め、内務省では観光業と税収の向上を目的に、新しいギャンブル法を制定した

カイン州ミャワディの国境エリアでは正式な許可を受けずに、カジノを違法運営している地域もあり、改めて、そのような地域にも、運営上の安全も保障、犯罪面の是正も含めこれらの地域では新しい法律を考慮し税収、発展にも期待している

ミャンマー国民は運営と雇用のみ許可で利用は禁止する

法律が施行されるとヤンゴンやマンダレーのホテルでカジノの営業開始が検討されている
ただし、カジノを楽しめるのは外国人だけでパスポートや身分証明書の提示が必要とされている
ミャンマー国民はカジノの運営や雇用は許可されるが、国民の利用を許した場合は営業停止処分となる

配信:ミャンマータイムズ

ミャンマー、カジノ合法化の背景

↓ 日本経済新聞 配信より 2018/3/27

ミャンマー政府が国内でのカジノの合法化を検討している
タイや中国などの外国人観光客を呼び込み、税収増につなげる狙いがある
ミャンマーの国境地帯ではすでに多数のカジノが営業している
少数民族武装勢力が関与しているとされ、合法化による現状追認は武装勢力への経済利権の分配にもなる。タイとの国境に近いミャワディもそんな町の1つだである



↓ミヤワディ~バンコクまで約600キロ 車で7時間の距離となる



ミャンマー軍が支配のミャワディ が2024年4月5日に反政府組織のカレン民族同盟へ投降した

ミャワディ (Myawaddy) は、ミャンマーのカレン州ミャワディー郡(英語版)にある都市
タイのメーソート郡と国境を接し、国境線にはムーイ川が流れている
国境から数キロの範囲は、ビザ無しで数日間滞在できるため外国人観光客も気軽に訪れることができる
タイから生活必需品を持ち込む上で、重要なルートである。東西経済回廊(アジアハイウェイ)の通り道でもある。 ミャンマー政府から離反した民主カレン仏教徒軍に一次占領されたことがある
2021年ミャンマークーデター後の内戦では当初よりミャンマー軍が支配していたが、2024年4月5日に反政府組織のカレン民族同盟へ投降した

↓ミャンマーのミャワディとタイのメーソートの河川




タイ国境地帯のカジノは観光客や地元の住民らでにぎわう(カイン州ミャワディ)未舗装の坂を下ると突然現れるライトアップされた建物がある
店内には2枚並べたカードの大小を当てるゲームなどで約40卓がある
マカオやラスベガスの大型カジノと比べると小規模だが、周辺の家や商店に比べると明るさや清潔感は際立っている
パスポートなど身分証の確認はなくわずかな手荷物検査だけで入場できる
人々が手に握るのはタイ・バーツ紙幣
チップは使わない。1回の賭け金は100~300バーツ(約330~1000円)が相場
※現在は、3店舗があり一部、チップ利用もある
時折、高倍率の当たりに歓声が上がるほかは、黙々とカードが切られていく
客の多くはタイ人の中間層だが、ミャンマー人の姿もあった

ミャワディはミャンマーとタイ、ベトナムまでを結ぶ「東西経済回廊」の結節点として知られ、川を隔ててタイ西部の町のメーソート隣接する
実はカジノの前を流れる幅20メートルほどの川が国境で、無料の船で簡単に行き来できる
厳密には密出入国だが、あまり気にしている様子はないのが現状のようだ

本来、タイと同様にミャンマーでもカジノ営業は禁止だ
それにもかかわらず堂々と営業できるのは、多くのカジノが地元の少数民族武装勢力とタイ側の資産家による「ジョイントベンチャー」になっているからだ

武装勢力といっても、政府側と停戦し現在は国境警備隊に編入されている
治安当局との「特別な関係」を活用してビジネスを展開している
地元ガイドによると、ミャワディ周辺では2年ほど前からカジノが出現し今では、大小10軒前後が営業しているそうだ
ミャンマーではカジノ合法化に向けた議論が本格化し、2月に議会でカジノ解禁論について問われたオン・マウン・ホテル・観光相は「関係省庁としてはカジノの合法化には反対しない」と述べ、法改正に前向きな考えを示唆した

カジノからの税収を期待する地方政府は、中央政府以上に積極的だあった
ミャワディがあるカイン州のほか、以前から多数のカジノがある中国との国境地帯のシャン州、中国人が多数往来するマンダレー管区などがカジノ解禁を要望している

また、地元に少数民族武装勢力を抱える地方政府にとっては、カジノ利権の供与という形で武装勢力との交渉材料を獲得することにもなる
公然と違法カジノが増える現状に比べれば、公認したほうが行政として管理しやすい面もある

ただ、カジノの合法化が実現するか、不透明な部分がある
地元紙ミャンマー・タイムズによると、ミャワディでは、地元住民ら約300人が合法化に反対してデモ行進した
治安悪化への懸念に加え、カジノそのものに観光客の底上げ効果があるのか懐疑的な見方も多いのである

↓ミャワディのカジノ

スター コンプレックス・カジノ
Star Complex Casino



カジノのができることで都市は、賑やかになりますが、同時に犯罪が増えないといいですが・・・

ミャンマーのカジノ合法化により、この数年、大きな犯罪は無いようです
専ら、タイ人が利用し、ショッピングのDUTY FREEが人気で賑わいがあるようです

ヤンゴンの夜を楽しみたい!有効に過ごすジャンル別スポットを紹介! – Clip

 

アバター画像

Clip管理人編集まとめ役

投稿者プロフィール

日本人が見たい知りたいこと、アジアの人達たちの習慣、風習など知ってもらうため色々な角度からリアルタイムの情報をこの“Cl i p”で公開していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 2024-5-13

    南国ムード豊かなホテルリゾートが魅了するサムイ島の過ごし方

    島民が心から!もてなすサムイ島の観光へ車でチャレンジ バンコクからサムイ島へ行き方の一番は・・・…
  2. 2024-4-13

    タイ・バンコクでマッサージ施術の注意事項のすべて

    バンコクでマッサージを施術する前に一度は読んでおきたい タイでのマッサージは、旅行のお楽しみの必須…
  3. 2024-4-12

    タイ女性が教えるタイで綺麗な島・アイランドは”ロック島”が一番

    未開の無人島で手つかずの自然が残っている、それがロック島 タイ南部のトラン県の沖合に浮かぶロック島…

ランキング

ページ上部へ戻る