日本(成田)から直行便でヤンゴン国際空港へ行ける!

日本~ミャンマー間、直行便は一日1便。

往路(行き):東京(成田)~ミャンマー(ヤンゴン)間

日本からヤンゴンへのフライト時間は、約8時間半。
但し、時差があるので、現地に着いた時はマイナス2.5時間
成田空港を午前11:00出発して、現地ミャンマー・ ヤンゴンは、現地時間 16:30到着。
※成田~ヤンゴン間の往路(行き)の方がフライト時間は長くなります。

復路(帰り):ミャンマー(ヤンゴン)~東京(成田)間

ヤンゴンから日本へのフライト時間は、約6時間10分。
ヤンゴンを午後22:10出発して 成田に 翌日午前06:45に到着。

現在の就航便は、便利、多いとは言えません。今後に期待したいですね!!ちなみに航空運賃は、季節・時期により違いますが往復約90,000円ぐらい。
直行便でなければ、数多くの航空会社が就航中。LCCクラスの運行で料金も40,000円代からあります。但し、フライト時間が片道11時間~24時間以上と長いフライトはやや疲れますね!!

以前、空路でミャンマーに入国するには、北京、ソウル、バンコク、など東南アジア諸国からの経由のみでしたが、 2012年に全日空が成田国際空港からヤンゴン空港へ直行便を新規就航。2013年には、毎日の運行まで増発。
機体もボーイング767-300ER(ビジネス35席、エコノミー167席)へと大型化しています。

2018年10月よりミャンマー政府も「観光ピザ」の免除(一年間限定)ミャンマー観光の誘致を図っています。今後の直行便の増発や羽田の発着など期待したいです。

ヤンゴン国際空港( Yangon International Airport)

日本人の7割は、ヤンゴン国際空港を玄関口として利用している。

ミャンマーの旧首都のヤンゴンにある国際空港。
ヤンゴン国際線ターミナルは2007年5月に開業。それに伴い、旧ターミナルは国内線専用となっている。
現在、国際線は滑走路が一本のみ、構内も手狭で、経済発展に伴う航空便の増加に併せて、2016年ヤンゴンから北東80kmのバゴー(旧名ペグー)付近にハンタワディ国際空港を建設する計画が進められ、2022年に供用を開始する予定。

面積規模ではマンダレー国際空港、ネピドー国際空港に次いで第3位の空港。

ヤンゴン国際空港は旅客数においてミャンマー最大の空港。ミャンマー・ナショナル航空、ミャンマー国際航空、ゴールデン・ミャンマー・エアラインズ、ヤンゴン航空、バガン航空、エアKBZ、マンダレー航空、アジアン・ウィングズ・エアウェイズのハブ空港として利用されている。

ミャンマー・ヤンゴンの街!まるごとイメージ!!

↓ヤンゴンの街並み・ミャンマーのこと!全て教えます。
今年こそチャンス!!観光ビザが無いから、気軽に行けちゃう!
Clip管理人

Clip管理人編集まとめ役

投稿者プロフィール

日本人が見たい知りたいこと、アジアの人達たちの習慣、風習など知ってもらうため色々な角度からリアルタイムの情報をこの“Cl i p”で公開していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 2020-1-2

    バンコクの最大パワースポットのエーラーワンの祠でご利益【お参りの仕方】

    人気のパワースポット観光と言えばエーラーワンの祠は必須 エーラーワンの祠(ほこら)…
  2. 2019-12-21

    【最新】バンコクの夜遊び観光!人気のナイト マーケット 5選

    一度は行ってみたい夜の観光 ! 屋台の夕食・お土産ショッピングのスポット バンコク…
ページ上部へ戻る