一年中熱い国に欠かせない。ミャンマー産ビール。

急速に伸びる経済成長、ビールの消費も飛躍的に伸びている!

ミャンマーの1人当たりのビール消費量を見ると、年間3.7リットルで、ベトナムの41L、タイの33Lと比べて低い水準です。しかし、急速に伸びる経済成長を見ると、今後ビールの消費が飛躍的に伸びていくと予測されています。

キリンホールディングスはこれを見越して、2015年にはミャンマービールのミャンマーブルワリー社買収をしました。ミャンマービールは1995年にタイガービールで有名なシンガポール企業との合併で設立されたのが始まりです。その後、世界に通用する味と製法であっという間にミャンマーを代表するビールに成長しました。

アジアビールの最高峰とも言われているミャンマー産ビール。

ミャンマービールの種類はいっぱいありますが、有名なミャンマービール以外はあまり知られていません。ヤンゴンで売られているミャンマー産ビールを見てみましょう。

老舗ダゴンビール

ダゴンとは、ヤンゴンの前の名前で、ダゴンビールはモンドセレクションで連続して受賞しているビールです。

ダゴンビールの中で一番安いダゴンライト。

アルコール分4.2%と日本では普通タイプです。ライトらしく、スッキリした味でコクは少なめで爽やかです。

ダゴンエクストラストロング

アルコール分は8%。しっかりとした麦の香りとコクがあり、ビール好きタイプのビールです。

ダゴンラガービール

アルコール分5%。定番ラガービールです。南国ビール特有の爽やかさで飲みやすいタイプです。

アンダマンゴールドスペシャル

ミャンマービールと同じミャンマーブルワリー社が製造しているスペシャルビールで、アルコール分は6.5%とやや高めため、苦みが強く、ホップ以外の風味も強く、クセがあるビールです。

アンダマンゴールドラガービール

アルコール分は5%の定番型ですが強いビールで、風味はスペシャルと同じです。ラガービール特有の香りとコクは比較的少ないです。

ミャンマービール

ミャンマー産ビールの代表作と言われ、ラガービールとしては、辛口でとても爽やかです。苦み、キレ、コク、酸味のバランスの良い上品な風味で万人向きです。

ミャンマープレミアム100%モルツ。

クラフトビールで、麦芽100%。適度な苦みがあり、キレと旨みのある上品なビールです。

ミャンマーのビールには、カレーの副菜がよく似合う。

ミャンマー料理といえば何といってもカレーですが、カレーには野菜やスープ、煮ものなどの付け合わせが付いています。ミャンマーのビールにはカレーの副菜がよく合います。

Clip管理人

Clip管理人編集まとめ役

投稿者プロフィール

日本人が見たい知りたいこと、アジアの人達たちの習慣、風習など知ってもらうため色々な角度からリアルタイムの情報をこの“Cl i p”で公開していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 2020-1-2

    バンコクの最大パワースポットのエーラーワンの祠でご利益【お参りの仕方】

    人気のパワースポット観光と言えばエーラーワンの祠は必須 エーラーワンの祠(ほこら)…
  2. 2019-12-21

    【最新】バンコクの夜遊び観光!人気のナイト マーケット 5選

    一度は行ってみたい夜の観光 ! 屋台の夕食・お土産ショッピングのスポット バンコク…
ページ上部へ戻る