ヤンゴン観光おすすめスポット シナゴーグ  Musmeah Yeshua Synagogue

シナゴーグ  Musmeah Yeshua Synagogue

 ミャンマーに唯一あるユダヤ系の教会。

ヤンゴン市内の中華街の近くにあるシナゴーグ(集会)教会。
普段まったくと言っていいほど日本人の私達には馴染みのないユダヤ教のシナゴーグの中に入館することができます。

そこはミャンマーに居るような感じがしない場所。
ミャンマーの仏塔(パゴダ)とは全く趣が違いまるで別の国に居るような感じがするほどです。
静まりきった施設の中、まわりの喧騒が嘘のように静かで落ち着く空間。
普段なかなか入れないユダヤ系の教会(集会所)とういうことで訪れることをおすすめします。

由縁は、1854年にバグダードから来たユダヤ人たちにより旧ビルマで最初のシナゴーグが建てられたそうです。
その後1893年から新たなシナゴーグの建設が始まり1896年に完成。そのひとつがこの建物となります。
当時からダウンタウンの東側にはユダヤ人墓地も造られ、現在までに700人ほどのユダヤ人がその地に眠っているそうです。
その後も増加するユダヤ人に伴い、1932年には2つ目のシナゴーグも建てられましたが残念ながらこちらは現存していないそうです。

旧ビルマにおけるユダヤ人の移住のほとんどは、当時オスマン帝国のバグダードからきたユダヤ人と呼ばれるスペイン系ユダヤ人とイギリス領インド帝国南西部にあるコーチンからきたコーチン・ユダヤ人に大別される。

どちらもイギリスの植民地政策によるビルマへの進出に伴い19世紀中頃から移住をはじめ、チーク材や、綿花、米、アヘンの貿易など商業的に成功。
政府役人にも採用されるなど、当時はその存在感を高めていったということです。

最盛期は2,000人以上と言われたユダヤ人達も1941年日本軍によるビルマ侵攻とともにそのほとんどが旧ビルマを離れ現在ではヤンゴンに残っているユダヤ人は20名程まで減少してしまった。

ユダヤ教の象徴のキャンドル立て

【基本情報】
コメント
:普段体験できない貴重な施設
名 称: シナゴーク(集会所)Musmeah Yeshua
住 所:No. 85 26th St., Yangon (Rangoon), Myanmar
アクセス:スーレー・パゴダからマハバンドゥーラ通りを西へ徒歩10分
拝観時間:月~火9:30-12:00 水~土9:30-13:00 (日曜休館日)
拝観料:入館料無料


最近は入口と外壁が修繕されました

↓ヤンゴンを詳しく
ミャンマーの旅! ヤンゴン観光おすすめ徹底ガイド20選

ヤンゴンには素晴らしい見所があります。

Clip管理人

Clip管理人編集まとめ役

投稿者プロフィール

日本人が見たい知りたいこと、アジアの人達たちの習慣、風習など知ってもらうため色々な角度からリアルタイムの情報をこの“Cl i p”で公開していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 2020-1-2

    バンコクの最大パワースポットのエーラーワンの祠でご利益【お参りの仕方】

    人気のパワースポット観光と言えばエーラーワンの祠は必須 エーラーワンの祠(ほこら)…
  2. 2019-12-21

    【最新】バンコクの夜遊び観光!人気のナイト マーケット 5選

    一度は行ってみたい夜の観光 ! 屋台の夕食・お土産ショッピングのスポット バンコク…
ページ上部へ戻る