ミャンマーのミャワディMyawaddyから国境を越えてタイへ!!

国境の街、ミャワディーMyawaddyの周辺観光

ミヤンマーとタイの友好の絆の橋は経済も結ぶ!

ミャンマーのミャワディ :Myawaddy は、ミャンマーのカレン州ミャワディー郡にある街。
タイのメーソートと国境を接している。国境線として モエイ川(Moei River) があり、両国友好の「友好橋」がある。

陸路として東西経済回廊と呼ばれる幹線道路が2015年に完成したばかりで、アクセスがよくなりタイへ行く道路としては一番メジャーの橋といえる。
ミャンマー側から「友好橋」を渡れば、スコータイまで、約150キロの距離。

今回はミャワディで一泊して、タイのスコータイへ行きたいと思います。

一番最初の印象として、やはりミャワディのチェックポイントを通り「友好橋」を渡ることが、簡単に出来るのことにビックリしました。
タイとミャンマー人は、親子関係のようなもの。
タイでは、ミャンマー人が働く場所を提供している。
タイに入国しても、タイの近隣の メーソート街では、「タナカ」を顔に塗っている人を多く見かける。
国境には、ミャンマー人が多く住み、商売の起点となっているのです。


国境のイミグレーション

クロコダイル寺院 Crocodile Monastery

浅瀬の川に巨大なワニのモュメントがいる。
クロコダイル像の長さは約100メートル。仏教徒とはやや異なる”ナッ神”の祈願、叶うと言うワニである。

ミャワディの街の国境のチェックポイントの周辺が目抜き通りとなる。徒歩で行ける仏塔があるので必見。

モエイ川(Moei River) の畔に、カジノやホテル、免税店等があり観光として楽しめる。
タイ人観光客や海外観光客が見受けられる。


仏塔の一部となる木工を作る工場、ひとつひとつ丁寧に手掛けている

シュエムアイアン・パヤー Shwe Myin Won Paya 

国境付近から徒歩で行ける距離にある寺院。
まとまった感じの仏塔が整然と陳列され、きらびやかな寺院。
様々な様式の仏像もあり、ミャワディとして一番、大きな仏塔施設でもあり是非、見る価値あります。

モエイ川(Moei River) は浅く、渡し船がありミャンマーとタイを行き来することは簡単にできる。
ミャンマー人にとって、タイの発行する「IDカード」を保有していないと職業や生活ができないのでの違法移民はないようである。
ある一定の就業期間によりタイの国籍が持てるようである。


モエイ川(Moei River) 沿いに、カジノやホテル、免税店が立ち並ぶ。

モエイ川(Moei River) は、生活する上での水源としても欠かせない川でもある。

Clip管理人

Clip管理人編集まとめ役

投稿者プロフィール

日本人が見たい知りたいこと、アジアの人達たちの習慣、風習など知ってもらうため色々な角度からリアルタイムの情報をこの“Cl i p”で公開していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 2020-1-2

    バンコクの最大パワースポットのエーラーワンの祠でご利益【お参りの仕方】

    人気のパワースポット観光と言えばエーラーワンの祠は必須 エーラーワンの祠(ほこら)…
  2. 2019-12-21

    【最新】バンコクの夜遊び観光!人気のナイト マーケット 5選

    一度は行ってみたい夜の観光 ! 屋台の夕食・お土産ショッピングのスポット バンコク…
ページ上部へ戻る