ピンウールウィン(メイミョー)観光おすすめスポット ペイチンミャァウン Peik Chin Myaung Cave

ペイチンミャァウン Peik Chin Myaung Cave

全長600メートルに及ぶ鍾乳石の洞窟寺院

2億3000万年から3億1000万年と推定される石灰岩の鍾乳洞窟

そのペンチアンタウン(洞窟寺院)Peik Chin Myaungは、ピンウールイン郊外にあり、町より車で20分程度の場所にあります
全長約600mの鍾乳洞の中には洞窟寺院としても仏塔や多くの仏像が展示収めてられています

山の岩肌の入り口の大きく開いた穴から多量の水が流れ出しており、流れる川が棚をいくつも形成している
その川では、川遊びとして地元の人々にとって憩の場所として利用されています

1990年、約30年前までは、単なる洞窟として存在していましたが、当時の政府により観光事業の目的により大規模な工事の据え、この地域屈指の洞窟寺院として再建された
当然、歴史的なものは無いが、国内の有名寺院を模倣した数多くの仏塔や仏像が収められ、ミャンマー国内の有数な建造物やフィギュアの仏像と観て楽しめます

駐車場から300メートル程の谷合を歩いて洞窟へ行きます
道のり渓谷の景観も素晴らしく、その途中、山間からの流水が青く石灰岩の棚が造り神秘的な場所が観られます

洞窟近くの山間の最も静かな屋外に仏像がモニュメントとのように鎮座しています

鍾乳洞の中は、所々かなり広く、たくさんの仏像が祀られています

小さな滝もありそれなりに見応えがあります
洞窟内は照明もありますが、寺院ということで履物を脱ぐ必要があり、ところどころ滑りやすく足元には気負つけてください

洞窟寺院見学と水遊び場が一緒に楽しめます
夏場の猛暑時は、川遊びができるので着替えを持っていくことをおすすめしたいです
この洞窟は、周回見学ではなく同じ道を引き返して洞窟を戻ります
約1キロ以上の洞窟内を歩きます
汚れた足を洗い流すためにもタオルは必須です!!


洞窟の入り口

【基本情報】

コメント:自然の洞窟と渓流の景観を楽しんでください。
名 称:ペイチンミャァウン Peik Chin Myaung Cave
住 所:Lashio Road | Wetwun village, Pyin Oo Lwin (Maymyo), Myanmar
アクセス: ピンルーウィンから車で約20分
拝観時間:午前6時~午後18時
拝観料金:無料


↓あわせてご覧ください
ピンウールウィンは観光避暑地!!マンダレーから車で2時間 – Clip 







アバター画像

Clip管理人編集まとめ役

投稿者プロフィール

日本人が見たい知りたいこと、アジアの人達たちの習慣、風習など知ってもらうため色々な角度からリアルタイムの情報をこの“Cl i p”で公開していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 2024-5-13

    南国ムード豊かなホテルリゾートが魅了するサムイ島の過ごし方

    島民が心から!もてなすサムイ島の観光へ車でチャレンジ バンコクからサムイ島へ行き方の一番は・・・ …
  2. 2024-4-13

    タイ・バンコクでマッサージ施術の注意事項のすべて

    バンコクでマッサージを施術する前に一度は読んでおきたい タイでのマッサージは、旅行のお楽しみの必須…
  3. 2024-4-12

    タイ女性が教えるタイで綺麗な島・アイランドは”ロック島”が一番

    未開の無人島で手つかずの自然が残っている、それがロック島 タイ南部のトラン県の沖合に浮かぶロック島…

ランキング

ページ上部へ戻る