バンコクで長期滞在なら郊外のコンドミニアムが快適でおすすめ

ラッチャダーとその周辺の観光が人気な街

バンコク市内には、数多くのホテルがありホテル滞在も楽しみの一つ。

その中でも多数のコンドミニアムがあり、そのコンドミニアムが格安で滞在できるのがバンコクの特徴です。
バンコク市内のスクンビットやシーロム地域は一流の観光ホテル立ち並びやや高価ですが、一泊10,000前後と日本に比べれば安く、初めてのタイ旅行では満喫できることは間違いありませんが、それよりも格段安く泊まれるコンドミニアムです。


↑タイ文化センターの施設

今回はトレンディーなラッチャダーピセーク駅エリアの快適で安価なコンドミニアムをご紹介します。
タイ旅行のリピーターとして二回目から、やや郊外の観光スポットと併せて快適に宿泊できるバンコクのもう一つの楽しみ方です。

“ラッチャダー”には、サイアム ニラミット バンコク(劇場)タイ文化センターなどの穴場の人気スポットとしては必見 !
多数のエンターテインメントが近隣にあり是非お楽しみください。

マエストロ 19 ラチャダ レジデンス (バンコク)
3 つ星の格安一泊3,000円クラス

バンコク市内のコンドミニアムは、当初は分譲マンションとして建設されますが、一部を賃貸。そして一部をホテルとして利用できるようにしています。
本来、タイ人が住むには高価な賃料のため、投資により賃貸やホテルでの資産投下の利回りしているのがコンドミニアムです。
バンコク市内は、至るところにコンドミニアムの建設ラッシュにより、一泊の料金も格安で泊れるメリットがあり、新築で快適な環境が心地よいのでチャンスが有ればご利用ください。

一か月の賃貸相場として、ラチャダーでは、10,000~15,000バーツ、日本円で約35,000~50,000円で一か月の賃貸として借りられるます。
ホテルとしては、一泊3,000円程度で素晴らしい滞在ができるのが嬉しいところです。


↑フロントの入口


↑中庭


↑フロントのロビー


↑一般のロビー


最上階の共有スペースは、バーベキューなど夕食会ができる。


↑中庭の専用プール

↑ジムやサウナ施設も揃っています。

↑リビングがあるので調理して食べることも出来ます。


↑ペッドルームは、毎日ベットメイキングしてくれますので、清潔な寝具関係一式が利用可能です。

ラチャダーピセーク駅(MRT)徒歩8分のコンドミニアム

↓マエストロ 19 ラチャダ レジデンス の場所

ラッチャダーの観光スポット

ラッチャダーピセークには、多くの観光スポットが歩いていける距離にあります。
タイの豊かな文化を知るにはタイ文化センターでの鑑賞も必須のアイテム。
エンターテインメントが魅力のラッチャダーピセークでは、サイアム ニラミット バンコクなども劇場として有名です。


↑サイアム・ニラミット劇場のエントランスには象がいます。


↑タイ舞踊ょ主体に色々なショーが観れます。事前にチケットを購入してご覧いただけます。

この近くには、タラート・ロットファイ・ラチャダー Talat rotfai ratchadaがあります。

↓あわせて読みたい

タラート・ロットファイ・ラチャダー

が歩いていける距離にあります。
タイ女性おすすめ一番人気のナイトマーケットで”深夜1時までエネルギッシュ”で開催しています。


 

この他の必見スポットには、ユニオン モールやチャトゥチャック ウィークエンド マーケットもあります。買い物にも便利なエリアです。

ユニオン モール は徒歩 31 分程度(タクシーで5分程度)

チャトゥチャック市場は徒歩で40分程度
↓あわせて読みたい

チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットなら全てのお土産が揃う

是非、ラチャダーの地域をお楽しみください。

Clip管理人

Clip管理人編集まとめ役

投稿者プロフィール

日本人が見たい知りたいこと、アジアの人達たちの習慣、風習など知ってもらうため色々な角度からリアルタイムの情報をこの“Cl i p”で公開していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 2020-1-2

    バンコクの最大パワースポットのエーラーワンの祠でご利益【お参りの仕方】

    人気のパワースポット観光と言えばエーラーワンの祠は必須 エーラーワンの祠(ほこら)…
  2. 2019-12-21

    【最新】バンコクの夜遊び観光!人気のナイト マーケット 5選

    一度は行ってみたい夜の観光 ! 屋台の夕食・お土産ショッピングのスポット バンコク…
ページ上部へ戻る