バンコクで長期滞在なら郊外のコンドミニアムが快適でおすすめします

バンコク・ラチャダーはその周辺観光でも人気な街

バンコク市内には、有数のホテルがあり宿泊選びも楽しみの一つ

その中でも多数のコンドミニアムがあり、そのコンドミニアムが格安で滞在できるのがバンコクの特徴です

今回、バンコク市内のスクンビットやシーロム地域の一流の観光ホテルが立ち並び、一泊10,000円前後とやや高価な宿泊費ですが、日本に比べれば安い思いますが・・・
初めてのタイ旅行で満喫できることは間違いありませんが、それよりも格段安く泊まれるコンドミニアムの3,000円ぐらい~で居心地の良い滞在場所をご案内します

タイの特徴として、現在、デベロッパー(都市開発)は、進み、今だに止まる気配はありません

数年前からは、中国人の投資目的として、バンコク市内の物件を購入し、「コンドミニアム(賃貸)」として貸出しているのです
住居、いわゆるコンドミニアムは、開発当初から、セル(売り物件)と貸す(賃貸物件)として建てられますが、開発が進み、買える人が年々減少されつつあるようです

最近は、コンドミニアム(賃貸)とホテルとして開発される物件も多いようです
タイ人がバンコクで、購入できるコンドミニアム物件は、無いに等しいぐらい、高価なモノなのです
タイ国民の一般的な年収で、コンドミニアムを買えるほどの所得は居ないのです
最近のコンドミニアムは、日本円で3,000万~4,000万円(2ベッド)と言われています

↓あわせてご覧ください

タイ人の平均月収10.3万円(約25,000バーツ) 平均年収123万円【職業別給与水準】


先ずは、タイ出身で日本から帰省で戻り滞在したコンドミニアムをご紹介いたします

サイアムプレーンナ レジデンス (Siamplaengna Residence)

観光気分だけでないバンコク生活の思い出が叶う

ホテルとしても4つ星の施設で、Wi-Fiも無料でいつでもインターネットに接続できます
最寄り駅の MRTまでの無料シャトル サービスも利用できますし、歩いて約 1 km程度で15分程度です
なにより、ここからチャトゥチャック・ウィークエンド・マーケットまで歩いて行けるので一度は泊まりたいコンドミニアムだと思います

閑静な場所でありなから、歩いて数分の通りには、セブンイレブンやスーパーマーケットがありますし、地元の飲食店でのローカルフードが多数あり地元の人しか利用しない特権で安く食べることができます

そんな滞在も数日するとタイの暮らしぶりも解り、観光と地元の生活気分が味わえるのもいかがでしょうか・・・
当然、タイ語が解らないから不安な方もいますが、タイは外国人が多くいるので、常にフレンドリーに対応してくれます
日常の食事のメニューも写真入りが多く、注文しやすいのです

ローカルな場所では、英語も一切通じませんが、笑顔で手振り身振りで通用する、それがタイの良さだと思います。親日家が多く治安的にもタイなら普通の生活ができるのです

タイでは、当たり前の Grab タクシー/バイクの飲食注文もでき、スマホさえ有ればGrab で食べ物を簡単に注文できます

滞在をより贅沢な思い出深いものにするために、一度、バンコク市内のホテルではなく、ラチャダーでコンドミニアム滞在もお試しください
近くには、マッサージ店や理美容店などもあり、日本より破格の利用も魅力です

日本の方からよく質問されるのですが、タイの物価は、安いのか!それとも高いのか・・・バンコクの観光客には高く、地元で暮らすひとには安く感じると思います
なせなら、タイ人のサラリーは、月に25,000円程度で暮らせるのです

↑入口と2階は、ジムがあります
コンドミニアムとして利用される場合なら10,000バーツ(日本円で約42,000円)の部屋です
今回は、ホテルとして1泊3,800円の宿泊ができるコンドミニアムです

↑コンドミニアムでの長期滞在のための「郵便ポスト」が設置されています
また、それ以外もこのコンドミニアムで住居として住まれています

↑通路ですが、シンプルでキレイな宿泊施設です

↑キッチンにはすべての調理器具から冷蔵庫が完備されています。勿論、洗濯機も完備

↑1ベットルームとリビングとキッチンがあり生活するのには、充分な広さがあります
モダンで清潔な部屋です

サイアムプレーンナ レジデンス (Siamplaengna Residence)の位置です

そして近隣には、生活感あふれるバンコクの風情が味わえます

閑静な場所にあるコンドミニアムから通りまで200メートル
↓地元の活気あふれる通りで、すべてのモノが揃っています

早朝から夜まで「屋台(出店)」が出ています

セブンイレブン、そしてロータスと言うスーパーですが、多少の品揃えが違い、日常生活に必要な商品が売られています

歩くとあちらこちらに、ローカルフードのお店や屋台が立ち並んでいます

一番、近い地元のタイフードのレストランです

メニューの品数も豊富にあり、50~100バーツ、バンコク市内の中心のレストランと同じ料理ですが、かなり安いです
勿論、タイ人以外は、日常では利用されないレストランだから「タイ価格」なのです

何を頼んでも直ぐに調理されテーブルに並びます
冷凍食品の解凍時間より早いぐらい、素早い調理です・・・
これだけの「食材」を常に仕入れていることもびっくりします
地元の本格的にタイ料理ですが、一流の有名料理店と変わらず、どれも美味しいですよ・・

タイ人の女性でもある私が、作れる料理は、ひとつも有りません・・(笑)
タイでは、一年中通して常に暑く、湿度が高いため、「おかず」を作り置きして残す習慣が無いのです
なので、タイ料理は、手間暇かけて仕込みから品数を作れないため、購入する方が安く食べられるのです

人気のソムタムですが、このお店の得意料理のようです
店舗で食べるお客はいませんが、Grab バイクの出前の人の出入りが激しく、繁盛しています

レストランの前では、通りすがりのお客が、自宅や会社で食べるテイクアウトの出店があります
日本人では、わさわざ出店を出す必要はないと思われがちですが、タイの習慣なのです
タイは一年中が暑く、レストランでは、落ち着いて食べれない、また、家族に持ち帰り一緒に食べるという習慣があるのです

滞在1日目は、ホテルでゆっくり休息しなから、近隣の散歩してタイの雰囲気が堪能できます
そして、コンドミニアム専用のシャトルバスなら数分で最寄り駅まで行けるのもコンドミニアムの利点です

コンドミニアムからラッチャダーピセーク駅まで、シャトルバスで5分、徒歩で18分程度

ラッチャダーピセーク駅からスクビィット駅Sukhumvit(アソークのターミナル21)まで6駅の近さです

その途中の途中下車のタイ文化センター駅より、観光できる見所をご紹介します


↑ラチャダーにあるタイ文化センターです

タイ文化センター
Thailand Cultural Centre

地下鉄のタイ文化センター駅から徒歩10分に会場があります
美しい場所で、広く、メインホールと小ホールの2つのホールがあり、ひとつのホールでは
2,000席もあるかなり立派で雰囲気もよいです
バンコクの最高の場所として、メインホールでのタイミングが合えば、タイの演舞公演を見ることもできます



この文化センターの周辺には、芸術と文化を専門とする建物や美術館などもあります
タイ文化センターへは、駅を降りて1番出口を出て徒歩で行くことができますので、ゆっくりタイの文化を知りたい方には良いと思います

“ラッチャダー”では、有名なチャトゥチャック・ウィークエンドマーケットタイ文化センターなどの穴場の人気スポットとしてお楽しみください

 

そして、次は、トレンディーなラチャダーピセーク駅エリアの快適で安価なコンドミニアムをご紹介します
こちらは、私が住んでいるコンドミニアムです
部屋代は、月11,500バーツ 約日本円で48,000円です
1日、1,500円程度です

5階建ての中層のコンドミニアムです
この一帯は、高層ビルのコンドミニアムはありません
ペットと一緒に住める場所としてこのコンドミニアムを選びました

愛犬ダラーです・・(笑)

タイ・バンコクのコンドミニアムの特徴は、駐車場は、すべて無料です
人気の「スクンビット」エリアでも、1台目は、フリーですので、家賃を併せて考えるとタイは安いと思います


↑ベッドルームは、週3回、室内清掃とベットメイキングしてくれますので、清潔な寝具関係一式が利用可能です
それも「人件費」が安いのでメイド感覚で利用できます。費用は別に掛かりますが、数千円ですので大変重宝します

そして、これが私の部屋ですが、ベッドも入居同時についているのです
そしてなにより・・・
日本では考えられないと思いますが、家電 (クーラー、洗濯機、冷蔵庫)、台所用品のすべてが備え付けで揃っています
てすから、「衣類」だけを持っていけば、当日から住めるのです


↑ジムやサウナ施設も揃っています

そして、住む部屋でなく、ホテル同様に、プール、スポーツジム、サウナなども自由に無料で使えるのです
日本で考えるとジム費や駐車代の金額相当で、、コンドミニアムに住めるというのは、タイの大きなメリットだと思いますよね・・・・
日本から帰ってきた友人が日本は家賃が高いと悔やんでいましたから・・・(笑)

↓は、私が借りている不動産の管理会社です
https://www.major.co.th/th/condominium

日本人が、コンドミニアムを借りるにはパスポート一つで借りられます
日本人は、国として信用されているといことで「保証人」とか、一切いらないのです
10,000バーツの家賃のコンドミニアム借りる条件として、保証金は、家賃の2倍の20,000バーツのみです
借りた翌日から「カバン」一つで生活がエンジョイできます
契約期間は、コンドミニアムにより違いますが、今まで1年契約が多くありましたが、半年とか・・
中古のコンドミニアムなら1か月単位とが・・色々とあります
この周辺のコンドミニアムは、10,000バーツ前後で独身、男性や女性がメインに住まれています
タイの国民からすると、家賃の10,000バーツは高いぐらです

タイ旅行のリピーターとして二回目から、やや郊外の観光スポットと併せて快適に宿泊できるコンドミニアムもバンコクのもう一つの楽しみ方です

↑フロントの入口

↑中庭

↑フロントのロビー

↑一般のロビー

最上階の共有スペースは、バーベキューなど夕食会ができます

↑リビングがあるので調理して食べることも出来ます

 

ラチャダーピセーク駅(MRT)徒歩8分のコンドミニアム

↓マエストロ 19 ラチャダ レジデンスの場所


ラチャダーならではの観光スポットも沢山あります

この近くには、バンコクの新しいラチャダー鉄道市場「ザ・ワン・ラチャダー」があります

↓あわせてご覧ください

タイ女性がおすすめする人気ベスト9 ! ナイトマーケット全解説

歩いていける距離にあります
タイ女性おすすめ一番人気のナイトマーケットで”深夜1時までエネルギッシュ”で開催しています

夜遊び出来るタイの楽しみ方は、女性の方でも安心して過ごせますし・・・
買い物やお土産探しにも有効だと思います

この他の必見スポットでは、ユニオン モールやチャトゥチャック ウィークエンド マーケットもあります
買い物にも便利なエリアです

ユニオン モール は徒歩 31 分程度(タクシーで5分程度)

日本食のレストランも多くあるので、一日ぐらいは、恋しい日本食も食べられます


225バーツ 日本円で900円ぐらいです

日本食は、タイでも人気でテナントとして、すべてのショッピングモールにあります
ただ、少し高い食事代が必要です。
タイ人の昼食は、50~100バーツぐらいが相場です

↓ユニオン モール

ユニオンモールと併せて近くには、最近人気なショッピングモセンターがあります

↓セントラルプラザ・ラットプラオ

バンコク市内の郊外のショッピングセンターとして一番人気、フードコートは充実していて、マーケットもどこよりも商品の種類も多数揃っています

なにより、タイ人の方で活気に満ち溢れています。週末はここを利用する人で歩けないぐらいに混雑しています

チャトゥチャック市場は徒歩で35分程度、タクシーなら8分程度
↓あわせてご覧ください

チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットなら全てのお土産が揃う

買い物・お土産探しなら・・この場所は外せません!!!

ラチャダーならグレードが高い宿泊施設として格安でゆっくり泊まれます

日本人が考えるコンドミニアムは、キッチン付のホテルをコンドミニアムとよんでいるようですが、
バンコク市内のコンドミニアムは、まさに最近は、色々と多様化され、当初の分譲マンションとして建設されていましたが、様変わりしつつあります
それも中国とタイの友好関係のなかで中国バブルにより変わりつつあります

本来、タイ人が住むためのコンドミニアムではなく、投資により賃貸やホテルでの資産投下の利回りしているのがコンドミニアムです
バンコク市内は、至るところにコンドミニアムの建設ラッシュにより、一泊の料金が格安で泊れるメリットがあり、新築でも快適なコンドミニアムに泊まれるようになりました

一か月の賃貸相場として、ラチャダーでは、10,000~15,000バーツ、日本円で約42,000~63,000円で一か月の賃貸として借りられるます
半年間借りて、数回くれば宿泊費もかからず、タイ観光が思う存分楽しめます
最近は、そのような方も多く、タイからカンボジア、マレーシア、シンガポールに行かれる方います
国際線の航空券も往復10,000円前後で移動でき、タイを起点に周辺諸国で周遊されることが出来るのです
ギャンブル好きの方ならレンタカーで一泊まりで、カンボジアでカジノ遊びなど、タイから日本の国内線より安く移動できるメリットがあります
是非、長期滞在のコンドミニアムは、海外を楽しむ上でも最適だと思います

 

↓最後のこのコンドミニアムは、チャトゥチャック市場より徒歩数分のコンドミニアムです


プールから見る朝日は最高の光景です

M チャトゥチャック コンドミニアム

天空のプールが特徴のコンドミニアム!!M チャトゥチャックです

部屋がの眺望です

プールから眺める街並みは、シンガポールのマリーナベイ・サンズ・・・同様の絶句です

優雅なホテル並みのロビーです、コンシェルズが常駐しています

ペットとドッグランが可能な中庭もあり、ミニ体育館もあります

充実したジムとサウナが完備しており、ホテルとは違う優雅な旅のひと時のなかで癒せる旅が叶えられます


最後にご紹介したコンドミニアム、母親の住むコンドミニアムでした

長期滞在で旅をお楽しみください
1ベットなら20,000バーツより借りられます

是非、ラチャダーの地域とコンドミニアムをお楽しみください

Clip管理人編集まとめ役

投稿者プロフィール

日本人が見たい知りたいこと、アジアの人達たちの習慣、風習など知ってもらうため色々な角度からリアルタイムの情報をこの“Cl i p”で公開していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 2024-3-28

    【タイThailand】タイ女性がおすすめする人気ベスト9 ! ナイトマーケット全解説

    バンコクでもおすすめの人気ナイトマーケットをわかり易くご紹介します いざ「夜の観光名物バンコク」を…
  2. 2024-3-8

    タイ旅行での服装 ! 知っておきたいポイント【気候・地域と持ち物】

    人気のタイは一年中蒸し暑い”南の国” その証拠にタイの家はエアコンが必ず一日中つい…

ランキング

ページ上部へ戻る