【ミャンマー】モーラミャイン観光おすすめスポット ウィンセントーヤ Win Sein Taw Ya (Reclining Buddha)

ウィンセントーヤ Win Sein Taw Ya (Reclining Buddha)


壮大な巨大寝釈迦仏と数々のアミューズパーク

モーラミャイン郊外から南へ約20キロ、村チャウッタロン村の山の中腹に大な寝釈迦仏がある。

1990年代始めから建立が始まり、現在も建設途中だが、高さ約28メートル、全長約183メートルという世界最大の寝釈迦仏として知られる。
全ての完成時期は未定。
広大な敷地内には数々の仏像が観られる。博物館もあり仏教説話のジオラマが見学できる。

近づくと大きさに圧倒され壮大な計画なことが窺える。
建立が始まり今でも工事は続いている。
まだ完成していないが老朽化している箇所もある。近くでは建立作業の人工が所々で作業し、このあとも数十年の歳月を見込んでいるのだろう。

釈迦像の体内に入ることができます。
入場料無料ですが、お布施代わりにタイル購入の場所があり、是非、この施設の完成を祈るつもりでお布施を!
釈迦の言い伝え、説話などジオラマが展示、再現した部屋が多数に分かれて続いている。
ジオラマも多数展示されているがこちらも未完成の感はある。

現在、1体の寝釈迦像はほぼ完成し公開している。
その前に未完成のもう一体の仏像の頭だけが途中の状態にある。完成時期は未定だが日々の工事は続けせれている。
造る過程が見学できることも必見のひとつかも知れない。

参道の一画に、身長2.5mほどの数百もの托鉢(たくはつ)僧の列が続いている。各所にこのような托鉢僧托鉢(たくはつ)僧が設置されている。

【基本情報】

コメント:数十年の施設構想一画の過程がみれる場所
・名称:ウィンセントーヤ
・住所:Mawlamyine, Myanmar
・アクセス:モーラミャインから4号南下、左手に見えます。タクシーチャーターで約1時間。
・拝観時間:午前7時~午後20時 休観日無し
・拝観料:無料

モーラミャイン観光!絶対おすすめ徹底ガイド6選
詳しく観たい方は「ここクリック」
Clip管理人

Clip管理人編集まとめ役

投稿者プロフィール

日本人が見たい知りたいこと、アジアの人達たちの習慣、風習など知ってもらうため色々な角度からリアルタイムの情報をこの“Cl i p”で公開していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 2020-1-2

    バンコクの最大パワースポットのエーラーワンの祠でご利益【お参りの仕方】

    人気のパワースポット観光と言えばエーラーワンの祠は必須 エーラーワンの祠(ほこら)…
  2. 2019-12-21

    【最新】バンコクの夜遊び観光!人気のナイト マーケット 5選

    一度は行ってみたい夜の観光 ! 屋台の夕食・お土産ショッピングのスポット バンコク…
ページ上部へ戻る