【ミャンマー】ニャウンシェ観光おすすめスポット ガーペー僧院 Nga phe Kyaung

ガーペー僧院  Nga phe Kyaung


インレー湖上の浮島に立つ僧院

高原西部のインレー湖西岸にある水上のチーク材を用いた木造建築の仏教僧院で1844年に創設。
本堂の中には、シャン風、チベット風、パガン、インワの仏像が30体ほど祀られて公開されている。
さまざまな様式の仏像が安置されて興味深く観ることができる。

この僧院は「ジャンピング・キャット」が有名。
ここに住みつく猫が、僧侶の持つ輪をジャンプでくぐる芸が人気で披露していましたが、僧侶が亡くなり現在はやっていないようです。
しかしながら今も猫は多数見かけます。

仏像の台座の多くは、木彫りにガラスのモザイクを施したシャン様式である。
仏像は、シャン特有の体格であり、また、ほかでは見慣れない仏像の顔に目を引きます。

【基本情報】

コメント:珍しいシャン、チベット仏像の見学ができる。
・名称:ガーペー僧院
・住所:Taunggyi, Myanmar
・アクセス:インレー湖の西側、湖岸の一画でボート見学で行けます。
・拝観時間:午前5時~午後17時
・料金:無料

Clip管理人

Clip管理人編集まとめ役

投稿者プロフィール

日本人が見たい知りたいこと、アジアの人達たちの習慣、風習など知ってもらうため色々な角度からリアルタイムの情報をこの“Cl i p”で公開していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 2020-1-2

    バンコクの最大パワースポットのエーラーワンの祠でご利益【お参りの仕方】

    人気のパワースポット観光と言えばエーラーワンの祠は必須 エーラーワンの祠(ほこら)…
  2. 2019-12-21

    【最新】バンコクの夜遊び観光!人気のナイト マーケット 5選

    一度は行ってみたい夜の観光 ! 屋台の夕食・お土産ショッピングのスポット バンコク…
ページ上部へ戻る