【タイThailand】タイ女性がおすすめする人気ベスト9 ! ナイトマーケット全解説

バンコクでもおすすめの人気ナイトマーケットをわかり易くご紹介します

いざ「夜の観光名物バンコク」を楽しみに出掛けてみましょう・・

日中の観光から夜の観光でも楽しめるよう、新旧リニュアルオープンや最新ものから人気の最大規模のナイトマーケットまで特長を交えてご紹介します

夕食とあわせてお土産やショッピングなど同時に過ごせますので、一晩はバンコクのナイトマーケットを是非、バンクコの一夜をお楽しみてください

2024年、今現在、賑やかに開催しているタイのバンコク市内でおすすめのナイトマーケットの9箇所を選びました

あなた好みのマーケットや夕食、そして買い物やお土産探しに役立てるよう女性同士、カップルなど行きたいマーケットのイメージがわかると思います

↓ジョッド・フェアズ

目  次

1.バンコクで最も中心地にある若者に人気で賑わう「JODD FAIRS (ジョッドフェア)」

2.週末3日間に開催される本格的な最大の「チャトゥチャック・ウィークエンドマーケット」

3.バンコク地元に親しまれ長い歴史を持つ「シーナカリン鉄道市場(タラート・ロットファイ・シーナカリン)」

4.アミューズメントパークとして思う存分楽しめる「アジアティーク・ザ・リバーフロント」

5.週末限定開催される「クローン オンアン ウォーキングストリート」

6.アーティスティクな「チャンチュイ・クリエイティブスペース」

7.バンコクの新しいラチャダー鉄道市場「ザ・ワン・ラチャダー」

8.誰もが知るバックパッカーの聖地は必見「カオサンロード」

9.タイの一画で賑わう中国文化「チャイナタウン ヤワラート」

1. バンコクで最も中心地にある若者に人気で賑わう
「JODD FAIRS (ジョッドフェアズ)」ナイトマーケット


ジョッドフェアズ
( JODD FAIRS ) จ๊อดแฟร์

新たにバンコク市内の中心地である「ジョッドフェア ナイトマーケット」です。2021年11月にラーマ9世通りに新しくオープンしたばかりのナイトマーケット

歴史があるシーナカリン鉄道市場(トレイン・ナイト・マーケット)の運営会社により新星のように、「ラチャダー鉄道市場」が閉鎖されるか、どうかの時期に出現したマーケットです

観光客向きとして、最もアクセス的に良く、アソークの地下鉄MRTスクンビット駅から2駅足らず、そして、フォーチュンタウンショッピングセンターに隣接するMRT地下鉄の駅ですのでセントラルプラザ・グランド・ラマ9店も利用でき、買い物やお土産探しにも最適な場所ということです


地元のショッピングセンター併せて、裏の敷地に作られ、地域の夕食の場所として、大勢の方が利用しています


各ブースの通りでも気軽に座れるので、ローカルフードやスゥウィーツ・アイスクリームなどが楽しめる


バンコクと言えば、フルーツのアイスクリーム・スゥウィーツが欠かせないおやつです
日本でめったに食べない、フルーツでお召し上がりください
バンコクは常に暑いので、アイスクリームは、色々と種類が豊富です


↑イカの踊り食いです。新鮮すぎて嚙み切れない・・・炭を掃きだたせてから食べます
珍しいので是非、試してみてください

ジョッドフェアナイトマーケットでは、タイのご当地のB級グルメ(ストリートフード)は勿論のこと
思わず欲しくなるクラフト関係、ハンドメイド雑貨からホームデコレーション、ヴィンテージ感が漂う様々な商品もあります

タイの若者のトレンドの衣類やシューズ、タイにならではの手工芸のバッグ、ジュエリーなど多彩なアイテムが揃っていますので、きっとショッピングを楽しんで貰えるでしょう

お土産となるバラマキアイテムも販売されているので、お土産をまとめ買いするスポットとしてもおすすめです

【基本情報】

名 称: JODD FAIRS (ジョッドフェアーズ)  จ๊อดแฟร์

所在地: Rama IX Rd, Huai Khwang, Bangkok 10310 タイ

アクセス: MRTブルーライン「ラマ9世駅・プララーム9駅」が最寄り

営業時間: 午後16:00~午前1:00頃 全日開催

入場料金: 無 料

詳細URL(公式HP)https://www.facebook.com/JoddFairs
TEL
:  +66 (092) 713 5599

↓MAP

タイ ナイトマーケットの火事事件発生について
昨年12月13日、この「ジョードフェア・JODD FAIRS」で午後4時20分ごろ出火。衣料品店など4店、約200平方メートルが焼損しましたが、けが人は無く、消防が出動後、約20分後に鎮火
翌日全700店舗ある「ジョードフェア・JODD FAIRS」はすでに安全検査を受けており、12月14日から通常サービスが再開となっています

 

2. 週末3日間に開催される本格的な最大の
「チャトゥチャック・ウィークエンドマーケット」


チャトゥチャック市場 Chatuchak Marke

ตลาดนัดจตุจักร

ギネスに記録される広大な敷地に所狭しにあらゆる商品やお土産のお店が勢ぞろいしています
これぞ「市場」という場所です
通常のナイトマーケットは、1,500件ぐらいのブースですが、その10倍の店舗があります

15,000件近いブースが並ぶこのマーケットは、1日を掛けても見切れない観光の見学としてもタイの生活・習慣が垣間見えることができるでしょう

チャトチャック・ウィークエンドマーケットはその名の通り週末限定のマーケットです

ここでないモノは無いというぐらい、すべての商品があるので、買い物やお土産には、利用したい場所です

チャトゥチャック マーケットは世界最大の週末マーケットと知られ、平日はマーケットの一部のエリアが一般公開されています
週ごとの市場の営業時間は次以下のとおりです

タイらしい小物や雑貨から食器にペット、美術品に工芸品まで種類豊富で値段もとっても安いので、お土産を探すのにうてっつけの場所です

↓一旦、室内に入ると迷路のようです。
同じ場所を探すのも一苦労しますので、買いたいものは、ブース番号を控えて置くと良いでしょう

チャトチャック・ウィークエンドマーケットを楽しむなら、歩きやすい服装、靴を履いて
一日中、隈なく廻る準備することをおすすめします

金曜日 午後6時~午後0時(卸売メイン)

日中の炎天下の暑さを避けてチャトゥチャック マーケットを利用される最適な時間帯です
金曜は大半のお店が開いており、欲しいお買得品を見つけることができます。巨大なチャトゥチャック マーケットには毎週末たくさんの人が集まりますが、金曜日の午後 9 時ごろから深夜まで屋台が出店し、夜のショッピングを楽しめます

土曜と日曜 午前9時~午後18時(ホールマーケット開催)

週末には 約20 万人が市場を訪れ、歩く場所もなく賑わいます。市場は 2 日間、午前 9 時から午後 6 時まで開いており15,000 を超える露店が並び、活気も絶好調です

平日の水曜・木曜 午前7時~午後18時(植物メイン)

ウィークエンドマーケットと名の通り、メインは週末ですが、水曜日と木曜日が市場もオープンしています。市場は限定された店・セクションのみを開いているため週末よりも静かで、市場ではたくさんの取引きが行われています。市場見学や雰囲気を楽しみたい良いかもしれません

【基本情報】

名 称:チャトゥチャック・ウィークエンドマーケット ( Chatuchak Marke )

所在地 : 587, 10 Kamphaeng Phet 2 Rd, Khwaeng Chatuchak, Chatuchak, Bangkok 10900 タイ

アクセス: BTS「Mo Chit 駅」1番または3番出口から徒歩約10分
MRT「 Chatuchak Park 駅」1番出口、「Kamphaeng Phet 駅」2番出口

営業時間: 毎週土・日曜のみ 午前9時~午後18時00  ※営業時間は店舗により異なります
金曜日 午後 9 時 ~ 午前 0 時
月曜・火曜は定休日

入場料金: 無 料

詳細URL(公式HP): https://www.chatuchakmarket.org/

↓MAP

3. バンコク地元に親しまれ長い歴史を持つ
「シーナカリン鉄道市場
(タラート・ロットファイ・シーナカリン)


シーナカリン鉄道市場
Train Night Market Srinakarin

シーナカリン鉄道市場の一番の魅力は、バンコクで最もファッショナブルなナイトマーケットとうことです
不思議なレトロ感が漂い、そのなかでもシンプルで印象深い雰囲気を楽しめる場所です

見渡す限りの建物から家具・インテリア、多数のコレクション、古典的な室内の装飾、アンティークの品々、レトロな服、モダンなものからシックなお土産や安くて美味しい食べ物もあります

観光地でも、特に海外の方に人気で外国人が訪れていますが、多くの人がいるのにも関わらず優雅なひと時を感じられます
各お店の装飾や照明がとても美しく、革製品などを取り扱うヴィンテージエリアもあり、まさにナイトマーケットとして素晴らしいロケーションだと思います

バンコク中心の繁華街からやや遠い場所ですが、アソーク駅からBTSで乗り継ぎでもいけます

営業日も木曜から日曜日の限定開催です。今も昔からも一番有名なナイトマーケットです

市場は広く開放的な場所で歩きまわるだけでもとても楽しいと思います
各レストランにも目をみはるメニューがたくさんあります。そして価格もとてもフレンドリーです

とても楽しい旅行の思い出になる場所だと思います

【基本情報】

名   称 :  シーナカリン鉄道市場 (タラート・ロットファイ・シーナカリン)
Train Night Market Srinakarin

所在地 :  1 4 Srinagarindra Rd, Nong Bon, Prawet, Bangkok

アクセス: BTS「オンヌット駅」からタクシーで約20分

営業時間 :  木曜~日曜日/午後17時 ~ 午前1時 (月曜~ 水曜定休)

入場料金: 無 料

詳細URL(公式HP):  https://www.facebook.com/taradrodfi/

TEL :  +66 (081) 827 5885

↓MAP

4. アミューズメントパークとして思う存分楽しめる
「アジアティーク・ザ・リバーフロント」ナイトマーケット


アジアティーク ザ リバーフロント

Asiatique The Riverfront
เอเชียทีค เดอะ ริเวอร์ฟรอนท์

チャオプラヤー川沿いにある「アジアティーク・ザ・リバーフロント」は、東京ディスに―ランドとお台場を足して割ったアミューズメントパークのナイトマーケットと言えば想像がつくでしょうか・・・

以前の国際貿易港の敷地・倉庫を利用し現在、約1,500件のブティックと 40件 の飲食・レストランが巨大なマーケットとして生まれ変わりました

タイの名所とも言われるチャオプラヤー川の観光を兼ねて行かれるのにも最適です

BTS「サパーンタクシン駅」より無料シャトルボートも手軽に利用し、バンコクの景観を乗船よりインスタでも楽しめます

ここでは、マーケットの特徴として、各種のイベントの開催が常あります
路面店の商品より洗練されたデザインや品揃えがあり、タイの土産を購入するのにも観光客に人気の場所です

また、雨が多い夕方や雨季によも、屋根付きの施設が多く、天気を気にせずショッピングできるで重宝します。もし一日中の天気が雨予報の時は、こちらで楽しめますよ・・・(笑)

夕食は、ストリートフードはイベント開催のみで、通常はレストランやバーがあり、特にオープン・カフェやバー、レストランが一番人気です

ここの夜の景観としてチャオプラヤー川が最大の魅力となるでしょう

ニューハーフショー「カリプソ」の施設ステージが有名です

ショータイムは毎晩開催されていますのでこの機会にご覧ください

【基本情報】

名  称 :  アジアティーク ザ リバーフロント ( Asiatique The Riverfront )

所在地 :  2194 Charoen Krung Road, Wat Phraya Krai, Bang Kho Laem, Bangkok

アクセス: BTS サパーンタクシン(Saphan Taksin)より無料のシャトルボート運行中
運行時間:午後16時〜午後23時 約15分間隔で出航

BTSサパーンタクシン駅(Saphan Taksin)約2キロ
最寄り駅よりタクシーで約10分

営業時間 :  全日 午前11 時 ~ 午前 0 時

入場料金: 無 料

詳細URL((公式HP): https://www.asiatiquethailand.com/

TEL :  +66 (092) 246 0812 (16:00 – 22:00 hrs.)

↓MAP

↓あわせてご覧ください

【タイ Thailand】アジアティーク・ザ・リバーフロントならお土産やマニアックなエンターテイメントが楽しめる。

 

5. 週末限定開催される「クローン オンアン ウォーキングストリート」
    ナイトマーケット

 

オンアン ウォーキングストリート
Ong Ang Walking Street  ถนนคนเดินคลองโอ่งอ่าง


「オンアン運河 ウォーキングストリート」
とも呼ばれています

オンアンウォーキングストリートは、2020年にオープンしたスポットですが、現在、皆さんがイメージする運河というイメージではないと思います

人工的な河川工事が進みキレイな川の両側に、タイの屋台や雑貨の屋台、そしてライブミュージック、個性的なウォール(壁画)アートなどが描かれており、歩いて楽しめるスポットです。

夜には河川がライトアップされ、ゆっくり優雅なタイの風景の街並みなども眺めることができます。
河川(運河)では、カヤックやパドルボートを楽しむこともできます

落ち着いた雰囲気の中、楽器の演奏者があちこちにいて生演奏が聴けるのも良かったです。
ウォーキングにも最適で壁画アートがあちこちにある環境の中で、異国のインド料理レストランも多くみかけます

タイのバンコクのコンパクトな色々な世界観もうかがえるマーケットだと思います

一般的に、あまり観光客に知られていませんが、寛げるナイトマーケットとして歩いて楽しめるスポットとしておすすめします

金・土・日の夜から週末限定で開催されていますで、旅行の日程が合えば、是非、足を運んでみてください

【基本情報】

名  称 : クローン オンアン ウォーキングストリート ( Ong Ang Walking Street )

所在地: PGV3+Q4M, Wang Burapha Phirom, Phra Nakhon, Bangkok 10200

アクセス: MRTブルーライン「サムヨート駅」から徒歩約3分

営業時間:  金曜~日曜日の3日間 午後16時~午後22時

入場料金: 無 料

詳細(公式HP): https://www.facebook.com/profile.php?id=100047534534473

↓MAP

6. アーティスティクな「チャンチュイ・クリエイティブスペース」
    ナイトマーケット


チャンチュイ・クリエイティブスペース

Changchui Creative Space ช่างชุ่ย

この施設のオブジェとしてトライスターの飛行機の機体や敷地内にはたくさんの彫刻や都会的なアート作品がみることができます

タイの若手アーティストや芸術家が手掛けた作品があり、また近くに商品を販売する屋台がずらりと並んでいます。バンコクのナイトマーケットの中でも美術館的な雰囲気が広がっているので深い感銘を受ける方もいるでしょう

そこでしか無いような雑貨なども販売されているので、目を楽しませてもらえるマーケットとして他にはないマーケットとしておすすめです

至る所にオブジェやアートが飾られており、まるで美術館にいるような不思議な感覚を味わえるでしょう。食べ物の屋台だけでなく、アーティストが作った洋服や雑貨などが販売されているので、他の人とは被らない特別なアイテムを入手したい方におすすめ

バンコク中心街から約1時間と少し時間がかかりますが、他の屋台とは違ったアートな空間を楽しみたい方はぜひ足を運んでみてください

【基本情報】

名  称 : チャンチュイ・クリエイティブスペース ( Changchui Creative Space )

所在地 :  460/8 Sirindhorn Rd、Bang Phlat、Bangkok 10700

アクセス:バンコクの中心街から車で約1時間

営業時間 :  全日午前 11 時 ~ 午後 23時 (定休日無し)
ナイトマーケットは16時〜23時

入場料金: 無 料

詳細(公式HP):https://www.changchuibangkok.com/

TEL :  +66 (081) 817 2888

↓MAP

7. バンコクの新しいラチャダー鉄道市場「ザ・ワン・ラチャダー」
    ナイトマーケット


ザ・ワン・ラチャダー

The One Ratchada  ตลาดดิวัน รัชดา

カラフルなテントの屋根が映え、有名となり人気のあった「ラチャダー鉄道市場」が閉鎖され
同じ、ラチャダー地区にある新しいロット ファイ マーケットとして誕生しました

ここの一番の特徴は、気が向いたら気軽に行ける、そんな場所と雰囲気です

夜間の一人歩きでも楽しめるナイトマーケットです
地下鉄 MRT 文化センター駅を降りたら、すぐ近くにマーケットがありまいし、雰囲気も良く、出来たばかりのキレイなナイトバザールの様相に変身しています

各お店のテント間には、南国の木が植わってムードが味わえます
バンコクの夜空の下で夕食を味わうにも利用しやすく、各広場もゆったりとしてスペースがあり、そして買い物も道が広く歩きやすいと思います

タイの屋台のグルメから各種のスイーツ、雑貨や骨董品、そしてタイパンツなどの衣類、ネイルショップなど明るいイメージで楽しいお店が並んでいるので誰もが気軽に楽しめることでしょう

【基本情報】

名 称: ザ・ワン・ラチャダー The One Ratchada  ตลาดดิวัน รัชดา

所在地 : 55 10 Ratchadaphisek Rd, Din Daeng, Bangkok 10400 タイ

アクセス: MRTブルーライン・タイ文化センター駅(Thailand Culture Center)

下車 3番出口を左方向へ→商業施設エスプラネード(Esplanade)の裏にあります

営業時間: 木曜~日曜: 午後17時~深夜(月~水は定休)

入場料金: 無 料

詳細URL(公式HP): http://theoneratchada.com/

TEL  :  +66 (002) 006 6655

↓MAP

8. 誰もが知るバックパッカーの聖地は必見「カオサンロード」
ナイトマーケット

カオサンロード
Khao San Market
 (Thanon Khao San)

なんと言っても、海外、外国人旅行者を多く目にするナイトマーケットは「カオサンロード」です
道沿いにはレストランやバー、ゲストハウスが立ち並び、そこでの心地よさが、ここの一番の特徴とも言えます


パッタイやタイグルメを売る屋台がひしめくカオサンロードは、その雑踏が楽しめることが一番です

夜も遅くなるにつれて、お酒に任せてミュージックバーの盛り上がりも最高潮に達します

「バックパッカー」とっていのカオサンと言われた由縁は・・・やはり

安く便利に手に入りやすい、ここで買い込み次の旅への出発地として、航空券、電車やバスのチケットなどバンコクの外へ出る旅の手配もできます
離島へアクセスのまでの用意・準備もしてくれます・・・但し、値段の交渉は常に必要です

レオナルド・ディカプリオが、かの有名な「ビーチ」という映画で、カオサン通りの安宿で奇妙な男と知り合う。相手役のダフィという男は伝説のビーチについてとり憑かれたように語る・・・そんなイメージの場所です

率の良い両替所は勿論ですが、インターネットカフェも利用できます
旅に欠かせないお土産は話しとなる外国人とのツーショット写真のチャンスとなる場所としていかがでしょうか・・・

以外な場所で、友達ができるかも知れませんよ・・・・

【基本情報】

名  称 :   カオサン市場  (Khao San Market)

所在地 :  Khao San Road、Phra Nakhon、Bangkok 10200、Thailand

アクセス: BTSの「Saphan Taksin 駅」2番出口を出て左側のCentre船着場へ
Phra Athltでボートを降り徒歩約10分。

チャトチャックから2番のバスに乗車。

他のエリアからは59番か502番でもカオサンロードにアクセスできます。

営業時間 : 毎日午後 3 時 ~ 翌午前 2 時

入場料金: 無 料

詳細URL(公式HP):  –

↓MAP

 

9. タイの一画で賑わう中国文化「チャイナタウン ヤワラート
ナイトマーケット


チャイナタウン ヤワラート

China Town Yaowarat Rd

チャイナタウンのヤワラート(通り名)では毎晩にようにチャイナタウンのナイトマーケットが堪能できます

バンコク中央駅(MRTフアランポーン駅)から歩いて5分程度でヤワラート通りの入口です
そして、ヤワラート通り(Yaowarat Rd)から500メートル程からチャイナタウンが始まります、歩いて間もなく路上の屋台やタイの中華街の独特雰囲気をお楽しみいただけます

もっぱら、夕方から日常の夕食時は、歩く場も無いの混雑ですので、貴重品にはお気をつけてお越しください

バンコクでも観光スポットの一つですが、中国文化や買い物、そして中華の夕食を楽しみたい方は、食べ歩きでお楽しみください
以外にも日本より価格も低価格ですので、安心して気軽に食べ歩きやショッピングが楽しめるのが魅力です

【基本情報】

名  称 :  チャイナタウン ナイトマーケット(Chinatown Night Market)

ตลาดกลางคืนไชน่าทาวน์

所在地 :  148 Maha Chak Rd, Chakkrawat, Samphanthawong, Bangkok

アクセス:MRT「フアランポーン駅」から徒歩約15分、MRT「ワット・マンコン駅」から徒歩すぐ

営業時間: 月曜~日曜 16時00分~21時00分

入場料金: 無 料

詳細URL(公式HP)

↓MAP


バンコクで、今一番盛り上がっている「9か所のナイトマーケット」をご紹介いたしました

バンコクのナイトマーケットの特徴として、週末の金曜、土曜の夕方からが一番に盛り上がります
バンコクの地元の利用者から世界中の観光外国客が挙って夕食に繰りだします

あまり雑踏を好まれない方は、金曜・土曜の夜は避けた方が良いでしょう
ナイトマーケットの雰囲気やゆっくり過ごしたい方は、日曜日、又はウィークエンドをおすすめします

但し、あまり閑散なマーケットも味気ないと思う方は、今回、紹介のマーケットの中でもウィークエンドでも常に楽しめる場所を選ばれると良いでしょう

(注意)として、施設内・路上など、雑踏・人込みでは、常に置き引き、スリに注意を払うようにしてください
つい、見物や買い物など商品に集中している時など日本とは治安がことなることを忘れてしまがちになりますので・・・
また、バンコク市内では、主要な道路など至る所でストリート マーケット(路面店)、市場等が開催されています。
バンコクの繁華街・歓楽街の路上では、中東「リトルアラビア」として多くのアラブ系が店を構えています。ブランド品の偽造販売がありますので、ご注意ください

ナイトマーケットの雰囲気と近くて便利な場所として「ジョッドフェア」が、2年前にオープンしたばかりで、一通りの食事からショッピングまで揃っていますのでおすすめします

また、タイの有名なチャオプラヤー川の景観を楽しみながら、アミューズメントパークで、夕食とショッピングなら「アジアティーク ザ リバーフロント」が良いでしょう

こだわりのある方で一度は、タイの歴史を語るナイトマーケットを楽しみたい方なら「シーナカリン鉄道市場」で思い出づくりに良いでしょう

バンコクでの観光の思い出の一つとして、是非、一度は足を運んでみてください

月曜・火曜・水曜は、ナイトマーケットは、開催していますが、基本的に定休として知っておいて頂ければ、日程も組みやすいと思います

 

Clip管理人編集まとめ役

投稿者プロフィール

日本人が見たい知りたいこと、アジアの人達たちの習慣、風習など知ってもらうため色々な角度からリアルタイムの情報をこの“Cl i p”で公開していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 2024-3-28

    【タイThailand】タイ女性がおすすめする人気ベスト9 ! ナイトマーケット全解説

    バンコクでもおすすめの人気ナイトマーケットをわかり易くご紹介します いざ「夜の観光名物バンコク」を…
  2. 2024-3-8

    タイ旅行での服装 ! 知っておきたいポイント【気候・地域と持ち物】

    人気のタイは一年中蒸し暑い”南の国” その証拠にタイの家はエアコンが必ず一日中つい…

ランキング

ページ上部へ戻る