【タイ 】ミセスナイドン シーフードレストラン プレミアムビュッフェ2号店

タイの贅沢な魚介を食べ尽くすなら899バーツで”食べ放題”

タイの魚介類がメインのオーダー式ビュッフェレストラン


料金は499バーツ、699バーツ、899バーツの3種類のコースメニュー
899バーツ
で、全50アイテムの料理が食べ放題というシステムです
ウニ、蟹やエビだけ、ずーっと、食べ続けても899バーツ

やはり食べたい高級食材目当てなら899バーツのコース
サービス料と税金を加えると1人あたり1,000バーツ近くなりますが、めったに来ないタイの贅沢ですので奮発してみてください
入店時に、入口でセットメニューを決めると店内に案内されます

入口で順番待ちです



日本円で4,000円強の円安で昔に比べるとかなり高いですが・・・
めったに来ない・・、ここでしか食べれない料理がすへて楽しめます

基本的にオーダーは1時間半、食べる時間は、2時間 ※厳密では無いようです
氷は料金に含みます。デザートやフルーツも食べられます
夕食時はいつも混んでいます・・15分~30分も待つことは無いでしょう

時間制なので、入替えが早いですが

座って待ってま~す

但し、このお店に限らず氷は利用しない方が良いでしょう
たまに「水道水」を使うお店もありますが・・・ここのような回転が速いレストランでは・・氷を注文してがいるか
しっかりした製氷機が完備していると思います
地元のタイ人でも下痢、食あたりは、当たり前のようにあり、整腸剤は欠かせない薬です

ましてや、旅行での環境の変化の影響や生ものですので、下痢を起こしやすいので整腸剤はあった方が良いと思います

先ずは、食べたいものを早く注文すると少量で、このようなトレーで運んでくれます
約人数分を注文します

食材は、生もの、マリネタイプが多く漬け込んでいます
漬け込み具合により味加減や好みもありますので、追加で焼き物や刺身として注文できます
醤油等もありますし、タイ特有のスパイシーソースで食べられるので、食材に応じて、味を変えてみると良いでしょう
全体的には、生エビ、ザリガニ(伊勢海老)、ワタリガニが漬け込みも程よく、どれも美味しいと思います
全てがマリネでは、飽きますから・・・(笑)

タイでも日本でもウニは大好きですが・・・タイのウニは日本のようなバフンウニと違います・・・


最初に注文して、追加オーダーすることもできるので・・・好きなものだけ、ゆっくり食べられますからご安心ください。

タイと言えば、トムヤムクンスープですが、このレストランの味もとても美味しいのでご賞味ください
日本でいえば、みそ汁と同じですが、人や店で作るトムヤムクンスープが違うので、ここの味が楽しめます

店内のインテリアの高級感はありませんが、大衆食堂的な雰囲気ですが、明るくキレイです。エアコンも程よく、蒸し暑さもなく食べることができます
この当日は、いつもより混んでいました
タイ人の若い男女が多く、日本人は誰一人居ませんでしたー


お目当ての”ウニ”でしたが、殻にへばりついて、食べるのには一苦労します

 

注文の仕方として、注文しても、出てくる料理が、やはり早いものと遅いものがあります
決してオーダーの順番に出てきません。多少、最初に多くの少量のメニューの品数を注文をすると良いと思います
食べたいものが、すぐに出てくるとは限らないので、少量を2時間、ゆっくり食べることが、食べ方のコツです

最初に、量があるものを食べすぎると、メインディッシュ(食べたい料理)の味が半減しまいますので・・・・

やっぱり食べたい一品の伊勢海老です
↓焼き物の海老は定番でタイの主食のように食べます

↓優しいサッパリしてやや唐辛子の辛みがあるクラゲです。野菜とクラゲの食感がヘルシーです

ホタテも一口サイズなので、注文して好きな調味料で食べられます

↓タイ料理の代名詞のような貝料理です・・ここの味をお試しください

ここの定員は、テキパキしていて、食べた皿はすぐに回収していきます
日本でもそうですが、残さないようにしましょう。食べきれない料理は、一つの皿にまとめて、食べた皿を空にしておくと良いでしょう

↓私達は2階のフロアでしたが、3階もあるようです
いつも来る度に、拡張され内装も変わるので、きっと流行っていると思います・・・それだけ人気ということでしょう

やはりこの料理は人気でもも見た目にも美味しいです。味は説明できないので・・是非、食べてみてください

蟹のたまごと果肉です

↓塩っけが聞いて、貝の中でもおつまみとして最高です


これだけこのレストランのご案内をしましたが・・
お酒が好きな方にとって、一番の残念なことですが、ビール・アルコールが、一切このレストランにはありません
ソフトドリンクがありますが、アルコールが飲みたい方は、冷茶等で我慢されるか・・近くのコンビニでビールを飲まれてからこのレストランの利用することとなります

店内は、アルコールが持ち込み厳禁のようです・・それがここの一番残念なところです


↓店頭に仕込み済み料理がみれますので、待ち時間がありましたら事前に観て食べたいものを探してみてください

わたしも2~3か月に一回ぐらいのペースで友達と食べにきます
季節より若干メニューや調理方法が違う場合があります

【基本情報】

コメント: タイの海の幸がリーズナブルで楽しめます

名 称 : ミセスナイドン シーフードレストラン プレミアムビュッフェ2号店
住 所 :  ถนน บรรทัดทอง Wang Mai, Pathum Wan, Bangkok 10330 タイ
T E L : +66902642649
営業時間 : 12時00分~23時00分 定休日:無

アクセス
BTS  National Stadium ナショナル スタジアム駅 徒歩15分程度
(BTSシーロムラインの始発・終着駅)
BTS Siam サイアム駅 徒歩25分程度
サイアムでショッピングの後に散歩しなから行ける距離です

↓MAP

最後に万が一、食あたり、下痢の症状がありましたら以下の薬をおすすめします
タイでは「食あたり」、日常でよくあることです
Food poisoning at the pharmacy で薬店で購入できます


ゴフェン(イブプロフェン)鎮痛剤です

↓あわせてご覧ください

バンコク女性おすすめのシーフード 24選 【有名な人気店~地元のB級グルメ】

 

アバター画像

Clip管理人編集まとめ役

投稿者プロフィール

日本人が見たい知りたいこと、アジアの人達たちの習慣、風習など知ってもらうため色々な角度からリアルタイムの情報をこの“Cl i p”で公開していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 2024-7-8

    2025年ニューイヤーは、異国海外のタイ・バンコで迎えてみませんか

    タイ・バンコクで25年のニューイヤーパーティを迎えよう 24年バンコクの見どころを…
  2. 2024-6-19

    バンコクで最も新しい穴場のナイトマーケットト | レイン・ナイト・マーケット・ダン・ネラミットTrain Night Market Dan Neramit

    観光客にあまり知られていない雰囲気が最高のナイトマーケット   トレイン・ナイト・マーケット・ダ…
  3. 2024-5-13

    南国ムード豊かなホテルリゾートが魅了するサムイ島の過ごし方

    島民が心から!もてなすサムイ島の観光へ車でチャレンジ バンコクからサムイ島へ行き方の一番は・・・ …

ランキング

ページ上部へ戻る