マンダレー王宮の魅力(拝観東門入口から周り方)  

マンダレー最大のおすすめスポット マンダレー王宮  Mandalay Palace

国内第二の都市マンダレーにあるミャンマー最後の王朝となったコンバウン朝の旧王宮。

この王宮の敷地はほぼ正方形、一辺は約3km、周囲の濠(ほり)は幅70m、高さ8mの城壁に囲まれ、東西南北計4本の橋で市街と結ばれている。内部には王宮博物館や各所に監視塔が建てられている。
拝観の際は、王宮の入り口は東西南北で4箇所ありますが、外国観光客が入れるのは現在東門のみですのでご注意ください。

アマラプラからマンダレーに遷都(せんと) を決定したのち、コンバウン朝を開いたミンドン王が1857年から建設を開始し、わずか4年で完成した。かなりの人手を使い、完成時はこの国の建築芸術を極めたとして伝えがある。

1885年、英国に占領され、ティーボー王はインドへ追放された。王宮は戦禍に見舞われて焼失。1990年代に再建された。
1885年、ビルマを占領したイギリス軍はティーボー王をインドヘと追放し、イギリス軍は王宮を軍の施設として利用。1942年日本軍にビルマに進出し占領、第二次大戦中の1945年3月、この王宮は日本軍と英印連合軍との戦闘によって王宮は焼失してしまい、当初より残されているのは城壁だけとなった。
戦後再建され、戦後はミャンマー軍の施設として、現在は軍の就任式などにも使用されている。

最近まで外国人の観光として入ることはできなかったが、1990年代末に旧王宮の建物が再建され、その後は、王宮の一部が一般に開放されました。
旧王宮の建物は、敷地のほぼ中央部分にあり、王の謁見(えっけん)の間や控えの間、宝物館などあり、建設当時、ミンドン王の栄華がしのばれ壮麗さが伺いしれる施設です。

広大な敷地には、隣国のタイの王室を招いたレセプションの施設があり現在でも由緒正しき王宮施設としても利用されています。
警備も厳重な雰囲気のなか、軍事制限のなごりか、銃を構えた兵士がいます。

旧王宮は、マンダレーの有名な観光場所ですが、王宮の敷地は凄く広いですが、外国観光客が見学できる場所は限られおり敷地に入り約15分歩くと復元された王宮跡に辿り着きます。
先ずは、大変大きな建物で圧倒されるでしょう。その近くに監視塔に上ることができ、螺旋階段を登って観ると王宮施設の素晴らしいが景色を一望できます。

監視塔からの眺め
マンダレー王宮から見たマンダレーヒル

マンダレーヒルから見下ろしたマンダレー王宮。
マンダレー市街地やその周辺に王都となった観光エリアがありますのでお楽しみください。

【基本情報】
コメント:ビルマの最後の王朝の建造物。日本でいうと皇居、ゆっくり散歩と観覧をお楽しみください。
・名称:マンダレー王宮
・住所: Mandalay, Myanmar

【入口の注意点】
・アクセス: 王宮の入り口は東西南北で4箇所ありますが、外国観光客が入れるのは現在は東門側からのみです。
拝観時にはパスポートのチェック有。
・営業時間:午前8時~午後17時 注/16時半まで入場可能
・料金:10,000チャット

【拝観料】
マンダレー入域料として10,000チャットを払いチケットをもらいます。
このチケットはマンダレーの特定の観光地を観光する際の共通入場チケットとして使用できるものです。
マンダレー滞在中は失くさないようにしっかりと保管しておきましょう。

上の地図「マンダレー王宮」四角い王宮で周囲を川で囲まれています。地図の左側の下が東門の入口。間違えてしまうと一辺の長さ3キロありますので歩くとかなり大変です。

↓マンダレーは見逃せない多数の観光名所が満載!!

ミャンマーの旅! マンダレー観光おすすめ徹底ガイド15選

↓お買い物・お土産もお楽しみください。

マンダレーおすすめのお土産と買い物の周り方 – Clip

Clip管理人

Clip管理人編集まとめ役

投稿者プロフィール

日本人が見たい知りたいこと、アジアの人達たちの習慣、風習など知ってもらうため色々な角度からリアルタイムの情報をこの“Cl i p”で公開していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 2020-1-2

    バンコクの最大パワースポットのエーラーワンの祠でご利益【お参りの仕方】

    人気のパワースポット観光と言えばエーラーワンの祠は必須 エーラーワンの祠(ほこら)…
  2. 2019-12-21

    【最新】バンコクの夜遊び観光!人気のナイト マーケット 5選

    一度は行ってみたい夜の観光 ! 屋台の夕食・お土産ショッピングのスポット バンコク…
ページ上部へ戻る