近年に開設したYangon Stock Exchange(ヤンゴン株式取引所)

2016年3月25日にヤンゴン株式取引所(YSX)が開始し、ファーストミャンマーインベストメント株(First Myanmar Investment)(略FMI)が、ミャンマーで初めて、最初の上場した株式取引の株でした。基準価額は26,000チャット(1,887.22 JPY)で、3日間連続上がって、4日目に41,000チャットまで上がった。その後ティラワー工業団地株(MTSH)がFMI上場の2ヵ月後、5月20日に上場し、基準価額は40,000チャットでした。

1996年からミャンマーで株式取引所を開設される計画があり、それからようやく2016年に実行に至りました。ミャンマー株取引所の投資金額は31Billionsチャットで、その中の51%はミャンマー国営銀行である経済銀行、日本の大和証券グループは30.25%、東京証券は18.75%出資して2015年に開業しました。上場に決定された株式会社は6社あり、それは①ファーストミャンマーインベストメント株(First Myanmar Investment)(略FMI)②ティラワー工業団地の株(MTSH),③ミャンマーシティジン銀行(Myanmar Citizen Bank),④First Myanmar Private Bank⑤ミャンマー農業株式会社(MAPCO)⑥ Great Horkham株式会社だった。

現在、2018年8月の株価はFMI、ティラワー工業団地の株(MTSH)、ミャンマーシティジン銀行(Myanmar Citizen Bank)、First Myanmar Private Bank とTMH Telecon 会社が上場している。

年内、また新たな株式の上場する見込みもあり、MSEC(Myanmar Securities Exchange Center)への審査、検討期間もあり、具体的な時期的にはハッキリ発表されていない。

Fig(1) ヤンゴン取引所に上場している株の様子

Fig(1)-(1) ヤンゴン取引所にMTSH(ティラワー株)の初上場式

Fig(2) MSEC(Myanmar Securities Exchange Center)の株投資に関する報告

Fig(3) 最初に上場したFMI株のロゴ

Fig(4) ティラワー工業団地の事業を有するティラワー株

Fig(5)  Myanmar Citizen Bank (略 MCB)銀行株のロゴ

Fig(6)  First Myanmar Private Bank (略 FPB)銀行株

Fig(7) TMH Telecom会社の上場開始式と株式総会の会議招待状

 

Clip管理人

Clip管理人編集まとめ役

投稿者プロフィール

日本人が見たい知りたいこと、アジアの人達たちの習慣、風習など知ってもらうため色々な角度からリアルタイムの情報をこの“Cl i p”で公開していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 2020-1-2

    バンコクの最大パワースポットのエーラーワンの祠でご利益【お参りの仕方】

    人気のパワースポット観光と言えばエーラーワンの祠は必須 エーラーワンの祠(ほこら)…
  2. 2019-12-21

    【最新】バンコクの夜遊び観光!人気のナイト マーケット 5選

    一度は行ってみたい夜の観光 ! 屋台の夕食・お土産ショッピングのスポット バンコク…
ページ上部へ戻る