ヤンゴン観光おすすめスポット 旧イギリス総督府 The Secretariat

旧イギリス総督府 
The Secretariat 

古いレンガ造りの重厚な建物に歴史が残されている

1905年当時、イギリス総督府が占領下として建築された。その後、1947年に独立の英雄であり、皆さんが知る人物のアウンサンスーチーの父が暗殺された建物です。その後ミャンマー連邦政府合同庁舎として利用されてきたが、それからは現在も使われていない。

イギリス統治時代のビルマ植民地行政のなかで使われてきたが、以後の軍事政権時代は使われることはなく、そのまま放置され廃墟状態が続いていた。
つき最近、修復工事が行われており、将来的な利用について構想されている。
この周辺地区はダウンタウンの東側で行政の中心地であり、首都のネピドー移転以降は使用されていない建物が多くあり、その当時の周辺にはイギリスが開拓地区でもあったヤンゴン川を利用した貿易港の名残をとどめるストランド通りにはストランドホテル(1901年)や中央郵便局GPO(1925年)、そしてイギリス大使館などの歴史的な建造物がある。
今後の展望が変わる姿を観るのも楽しみのひとつです。

古い大きな建物だけでも必見の価値があります。

このような歴史的に建物ですが、修復時の姿を観るだけでも楽しいかと思います。広い敷地内に古いレンガ造りは、赤と黄色を活かした造りが特徴で見張るものがあります。将来は国立博物館になるようです。外観だけでも十分見学の価値はありますので見学してみてはいかがでしょうか。
館内には入れませんが、建物の外観の大きさと当時の独特の威厳、そして歴史上の建物ということで見ごたえはあります。

周囲の樹木のなかに赤茶色のレンガ造りの建物が特徴的で景観としてすがすがしい雰囲気です。
市街地からは少し距離があるので、ちょっとの間だけ、ヤンゴンの喧騒を忘れ周囲を散歩するのは最適です。

【基本情報】

コメント:歴史を感じられる建物は、映画の「ビルマの竪琴」を垣間見ることができます。
名称:旧イギリス総督府
住所:Maha Bandula Road, Yangon, Myanmar
アクセス:スーレーパコダから800㍍、徒歩で約10分
拝観時間:月曜~金曜9:30 ~17:30 土曜・日曜は定休日
拝観料:現在は敷地内に入れません。
公式サイトURL:http://www.thesecretariat.com/

↓ヤンゴンを詳しく
ミャンマーの旅! ヤンゴン観光おすすめ徹底ガイド20選

ヤンゴンには見逃せない多数の観光名所があります。

Clip管理人

Clip管理人編集まとめ役

投稿者プロフィール

日本人が見たい知りたいこと、アジアの人達たちの習慣、風習など知ってもらうため色々な角度からリアルタイムの情報をこの“Cl i p”で公開していきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 2020-1-2

    バンコクの最大パワースポットのエーラーワンの祠でご利益【お参りの仕方】

    人気のパワースポット観光と言えばエーラーワンの祠は必須 エーラーワンの祠(ほこら)…
  2. 2019-12-21

    【最新】バンコクの夜遊び観光!人気のナイト マーケット 5選

    一度は行ってみたい夜の観光 ! 屋台の夕食・お土産ショッピングのスポット バンコク…
ページ上部へ戻る